東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
半導体試験装置部門の資産の譲渡と関連従事者の継承について

1999年12月24日

株式会社 アドバンテスト
株式会社 東芝
アジアエレクトロニクス株式会社

 株式会社アドバンテストと株式会社東芝およびアジアエレクトロニクス株式会社は、 アドバンテストの子会社において、東芝の関係会社であるアジアエレクトロニクスの半導体試験装置部門の資産を譲り受けるとともに、 関連従事者を継承することで、本日基本合意に達しました。

 これにより、アドバンテストは譲受資産・継承人員を活用し、 半導体産業の幅広いニーズに迅速に対応し、さらに事業の充実をはかります。 また、東芝はデバイス事業への経営資源の集中をはかるとともに、 アジアエレクトロニクスは事業構造改革による経営体質の強化をはかっていきます。

基本合意の内容
 本日、3社で合意した内容は次の通りです。
(1)アドバンテストは、アドバンテストの子会社において、東芝の関係会社であるアジアエレクトロニクスの半導体試験装置部門の資産を譲り受けるとともに、関連従事者を継承します。
(2)譲渡・継承期日 2000年4月
(3)譲渡・継承内容
アジアエレクトロニクスが現有する半導体試験装置部門の設備や特許など、関連資産
同社の半導体試験装置部門の業務従事者のうち225人
同社の子会社である九州アジアエレクトロニクス株式会社の全株式

 なお、譲渡内容の詳細については、来年2月を目途に両社協議の上決定します。

背景とねらい
 アドバンテストは、計測器および半導体試験装置の専業メーカーとして、 最先端の計測器や半導体試験装置を世界に供給してきました。 半導体は、ますます高速化、高集積化が求められ、 さらに多くの機能を混在したシステムLSIへと急速に発展しております。
 このような状況から、アドバンテストは最先端の半導体試験技術を開発すべく人員と設備を投入してきました。 しかし、半導体の進展にはめざましいものがあり、欧米が先行している通信用半導体などの試験装置など、 ユーザーから要求のあるすべての試験装置を開発し供給するまでには至っておりません。
 このたび、アジアエレクトロニクスの半導体試験装置部門の人材を引き受けることで、 新しい半導体試験装置の開発力を強化し、より競争力のある製品を開発し、 日本および世界の半導体産業に貢献していきます。

 東芝およびアジアエレクトロニクスは、半導体デバイスの高速化と微細化の進展に伴い、 高機能化、低価格化および製品サイクルの短期間化が進む半導体試験装置事業の今後の運営について多角的な検討を行ってきました。 その結果、同事業としての継続的発展を図るためには、東芝グループ内で事業を継続するのではなく、 専業メーカーであるアドバンテストに資産を譲渡し、関連従事者を継承することにより、 いっそうの発展がはかられるものと判断しました。これにより、東芝はデバイス事業へのいっそうの資源の集中をはかるとともに、 アジアエレクトロニクスは、事業構造の改革をすすめ経営体質の強化をはかっていきます。
 なお、東芝は、来年3月末日までにアジアエレクトロニクスの株式の半数を有する株式会社ニッピグループから全株式を買取り、 アジアエレクトロニクスを東芝全額出資の完全子会社とします。

アジアエレクトロニクス株式会社の概要
代 表 者取締役社長 高橋 之治(たかはし・ゆきはる)
資 本 金4億2,500万円
本  社東京都世田谷区用賀
出資比率東芝グループ 50% (株)ニッピグループ 50%
売 上 高198億円(1998年度)
従業員数410人

*九州アジアエレクトロニクス株式会社
代 表 者代表取締役社長 浅田 国靖(あさだ・くにやす)
本  社福岡県北九州市小倉
資 本 金5,000万円(アジアエレクトロニクス全額出資)
事業内容半導体試験装置及び関連製品の設計、製造、販売及び保守管理
従 業 員94人


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright