東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
操作性を向上させた可変焦点式大腸スコープの発売について

2000年1月20日

株式会社 東芝
東芝メディカル株式会社

 当社は、電子内視鏡大腸スコープとして、 簡易な操作で通常観察と拡大観察の両検査に対応できる「TCE−5500MV」を開発し、 本日から営業活動を開始します。

 新製品は、当社がすでに発売している電子内視鏡「TRE−5500」と組み合わせて使用するスコープで、 可変焦点式レンズの採用によって、定期検診などの通常の観察に加えて、精密検査で必要な大腸内壁の拡大観察に対応できます。
 さらに、新製品は、操作機構部の設計を最適化しており、通常観察と拡大観察をワンタッチで容易に切り換えることができるとともに、 挿入部の構造を通常観察用スコープをベースにしたスリムな形状としているため、 被検者の負担を軽減しています。

 新製品の販売は、東芝メディカル株式会社が担当します。 新製品の価格は340万円で、年間250本の販売を計画しています。


商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright