東芝トップページ お問い合わせ
戻る  発表月別  テーマ別
モバイルAVネットワーク機器の新製品について

 今回発売するモバイルAVネットワーク機器製品は、
(1)著作権保護機能を搭載したSDメモリカードへコンテンツの記録ができる世界初のモバイルオーディオプレーヤ
(2)PCカード型HDDやSDメモリカードにMPEG4フォーマットで動画録画が可能で334万画素CCDを搭載した世界初のMPEG4カメラ
(3)低温ポリシリコンTFT液晶を搭載し、 DVDの高解像度を再生できる世界初のポータブルDVD−ROM/ビデオプレーヤ
(4)ノートPCでテレビ番組をMPEG2方式でデジタル録画・ 再生できインターネットでの録画予約機能やビデオ編集機能を持ったパーソナルビデオプレーヤ
の4機種です。いずれの製品もPCや携帯端末と接続することにより、いつでもどこでも誰でもネットライフを楽しむことが可能です。
 なお、新製品は店頭販売と併せて専用ホームページ(www2.toshiba.co.jp/mobileav/)を立ち上げ、 本日よりインターネット上でも購入希望の受け付けを開始します。

  1. モバイルオーディオプレーヤ
     モバイルオーディオプレーヤ「MEA110AS」は、 小型・軽量で著作権保護とセキュリティ確保ができるSDメモリカードを世界で初めて採用したAACとMP3フォーマットに対応できるオーディオプレーヤです。 本年末に始まるBSデジタル放送や音楽配信にも採用されている高音質圧縮方式のAACと、 現在最も普及しているMP3に対応することにより幅広い音楽コンテンツが利用できます。
     また、SDアソシエーション*1で提唱している「SDオーディオフォーマット」 を採用したプレーヤとのデータ互換性を確保しています。
     著作権保護機能には、当社ほか3社*2が開発しSDMI(デジタル音楽著作権保護協議会) が定めた規格に準拠した「CPRM(Content Protection for Recordable Media)」を採用しているので、 著作権者の権利を保護しながらコンテンツを記録することができます。
     本体にはCD並の音質で約60分の記録が可能な64Mのフラッシュメモリを内蔵している他、 別売のSDメモリカードにも記録が可能です。 また、USBインターフェースを設けているので、PCとの接続も容易です。
     再生には単4形アルカリ乾電池2本を使うことで約5時間の連続再生ができ、 外部電池ケースを使うことで約12時間の連続再生も可能になります。
     なお、当社はIBMコーポレーション、インテルコーポレーション、リキッドオーディオ、 リアルネットワークス各社と、インターネットを介しての電子音楽配信サービスの実現に必要な音楽著作権保護技術分野において協力することで合意しています。 これにより、新製品は全世界で500以上の音楽配信サイトから200万曲におよぶ楽曲をダウンロードすることができます。
    *1:東芝、松下電器産業株式会社、サンディスクコーポレーションの3社が2月1日に設立し、 SDメモリカードの仕様開発および普及促進を行なう団体。 家電、情報通信、カメラ、PC、コンテンツ会社など約100社が賛同を表明しています。
    *2:インテルコーポレーション、IBMコーポレーション、松下電器産業株式会社

  2. MPEG4カメラ
     MPEG4カメラ「MEC100AS」は、画像圧縮方式にMPEG4を採用したほか、 PCカードスロット(TYPEII)を内蔵していることでPCカード型HDDなど多様な記録メディアへの対応とともにPCとの親和性を実現した世界初のデジタルカメラです。
     また、業界トップクラスの334万画素CCD、 開放値F2.0の明るい大口径光学3倍ズームレンズを搭載しており、 デジタルスチルカメラとしての機能も充実しています。
     動画記録フォーマットにはMicrosoft(R)が提唱する「ASF形式」を採用しているので、 Windows(R)上での専用ソフトやファイル変換が不要で、 再生もスピーディーにできるようになりました。
     さらに、USBインターフェースを搭載しているので、 PCカード型HDDやSDメモリカードに記録した映像データを短時間にPCに転送し、 PC上で編集することが可能です。
    *:2GBのHDDに記録したノーマルモード約2時間の動画の転送は1分程度

  3. ポータブルDVD−ROM/ビデオプレーヤ
     液晶付DVD−ROM/ビデオプレーヤ「MED300AS」は、 従来のポータブルDVDプレーヤと比べて約4倍の高解像度(800X480ドット) を持つ5.8インチ低温ポリシリコンTFT液晶を世界で初めて搭載しています。 このためDVDの解像度を落とさずに再生することができます。
     またD端子を搭載したほか、プログレッシブ撮影のDVD映像を忠実に再現するプログレッシブ再生回路や、 フロントの2つのスピーカで擬似サラウンドを作りだすスペシャライザー・N−2−2・ デジタル・バーチャル・サラウンド機能により、高画質と高音質を楽しむことができます。
     一方、「MED200AS」は、PC接続もできるポータブルDVDビデオプレーヤとして世界最小最軽量を実現しています。
     「MED300AS」「MED200AS」ともに、別売のPCカードでPCに接続して、 4倍速DVD−ROMドライブとなるほか、24倍速CD−ROMドライブとして、 CD−ROM、ビデオCD、音楽CD、CD−R、CD−RWの読み出しが可能です。

  4. パーソナルビデオプレーヤ
     パーソナルビデオプレーヤ「MEE100AS」は、ノートPCに接続してテレビ番組を受信、録画、編集、再生でき、 インターネットと連動して録画予約を行なうことができます。
     「MEE100AS」はTVチューナーを内蔵しているので、 TVアンテナを接続するだけでTV放送を楽しむことができます。 録画は、インターネットTVガイド番組表から予約ボタンをクリックするだけで予約がセットされます。
     映像は、DVDに採用されている高品位デジタル信号圧縮方式「MPEG2」でPCのHDDに保存されます。 HDDに保存することにより、録画を続けながら前に戻って再生したり、 テレビを見ながら前のシーンに戻って見なおすことが可能です。 標準モードで60分録画をする際は約1.8GBの容量が必要です。
     テレビ番組のほか、ビデオカメラで撮った映像やVHSテープの映像もMEPG2形式に変換してHDDに録画し、編集することができます。 ビデオ編集ソフトを標準添付しているので多彩な映像編集を行なうことができます。 HDDに保存されたデータは、ビデオテープに録画することも可能です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright