東芝トップページ お問い合わせ
戻る  発表月別  テーマ別
MPEG4カメラ

新製品の主な特長

  1. 業界トップクラスの334万画素CCDの搭載
     撮像素子には業界トップクラスの総画素数334万画素(1/1.8型)CCDを搭載しており、 最大2048X1536ピクセルサイズの高精細な静止画撮影ができます。

  2. インターネットを利用したビデオメールに最適なMPEG4動画撮影が可能
     動画圧縮方式にMPEG4を採用しており、インターネットを利用した動画転送に最適です。

  3. PCカードスロット(TYPEII)を内蔵し、PCと親和性の高い記録メディアに対応
     動画や静止画を記録するメディアとして、PCカード型ハードディスク(2GB以上の記憶容量)に対応しています。 またPCカードアダプタを介してSDメモリーカードやスマートメディアカードTM*などさまざまなメディアカードを利用できます。 (*:別売)

  4. 撮影の幅がさらに広がる大口径光学3倍ズームレンズ搭載
     開放値F2.0という大口径の明るい光学3倍ズームレンズを搭載しており、薄暗い場所でもシャッター速度を落とさず、 手ブレの少ない撮影が可能です。また、レバーひとつでワイドから望遠までズーミング可能です。

新製品の主な仕様について

*仕様は予告なく一部変更になる場合があります。
DCFは、主としてデジタルカメラの画像ファイルを、 関連機器間で簡便に利用し合うことを目的として制定された(社)日本電子工業振興協会(JEIDA)の規格「Design rule for Camera File system」の略称です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright