東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
64メガビットNOR型フラッシュメモリの商品化について

2000年3月2日

 当社は、携帯電話などの各種携帯情報機器のプログラム、 およびファイルメモリに使用されるNOR型フラッシュメモリの新製品として、 64メガビットタイプでは業界で初めて、データの書き込み(または消去)と読み出しを並行して行なうことのできる同時実行機能 (Read While Write機能)を搭載した「TC58FVT641」など2品種を商品化し、 3月末よりサンプル出荷、4月より量産を開始します。

 Read While Write機能とは、メモリを複数バンク構成とし、 あるバンクへ書き込み(または消去)を行なっている時には、 それ以外のどのバンクからもデータを読み出すことのできる機能です。 これにより、例えば携帯電話で住所や電話番号などのデータを保存(書き込み)している最中に着信した場合でも、 書き込み動作をとめることなくCPU(中央演算処理装置)を制御すること(通話)が可能です。

 新製品は、0.2μmの微細加工プロセスや当社独自の埋め込み素子分離技術*1を採用することで、 業界最小のセルサイズ*2を実現しています。 これにより、高性能化・大容量化の進展が著しい携帯電話などの小形・軽量化を可能にしています。

 当社は、NOR型のフラッシュメモリとしては現在主力の16メガタイプに加えて64メガをラインナップ化することとなり、 さらに今回の64メガビット品をベースにした32メガタイプも4月から商品化する予定です。

*1STI(Shallow Trench Isolation)
*2量産タイプの64メガビットNOR型フラッシュメモリとしては業界最小


新製品の主な概要
開発の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright