東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
業界最小クラスのデジタルメモリーレコーダー「ボイスバー」の新製品発売について

2000年3月13日

録音時間8時間51分を実現

株式会社 東芝
東芝ビデオプロダクツジャパン株式会社

 東芝ビデオプロダクツジャパン株式会社(社長:津田 昭彦)は、業界最小クラスのコンパクトサイズを実現し、 録音時間8時間51分のデジタルメモリーレコーダー「VOICE BAR(ボイスバー) DMR−850W」など2機種を商品化し、 4月15日より発売します。

 新製品は、部品の高密度実装などにより、当社従来機種に比べ約30%の小型化・軽量化を実現しており、 ワイシャツの胸ポケットにも収まる携帯性に優れたバータイプです。

 また、新製品は、従来の「標準録音モード」に加えて「高音質録音モード」を採用しており、より高音質な録音/再生が可能です。

 加えて、別売のパソコン接続キットの付属ケーブルで新製品とパソコンを接続することによって、 音声データをパソコン環境で活用することができます。新製品で録音した音声のパソコンでの再生やファイル形式での保存、 Eメールでの転送などが可能です。

現行機種DMR−260Xのサイズは高さ141mmX幅28mmX奥行16mm、質量は47g(本体のみ)。
新製品DMR−850W/420Wのサイズは高さ117mmX幅31mmX奥行12.5mm、質量33g(本体のみ)


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright