東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
4.0型低温ポリシリコン液晶表示装置の商品化について

2000年4月11日

反射型としては業界最高の202PPIを実現

 当社は、反射型としては業界最高の高精細化(画素ピッチ0.126ミリメートル、202PPI) を実現した4.0型の低温ポリシリコン液晶表示装置(LCD)の新製品「LTM04C387S」を商品化し、 10月より量産を開始します。

 新製品は、低温ポリシリコン液晶の採用により、 4.0型でVGA(640X480ドット)の高精細な画面表示に対応するとともに、 高コントラスト化を図る内面反射電極や偏光板1枚方式を採用することなどにより、26万色の鮮やかな色彩表現を実現しています。

 また、照明などの外光を利用して画面を表示する反射型の採用により、 バックライトを用いる透過型LCDに比べて消費電力を約3分の1にまで削減できるとともに、 パネル部の厚さと重量をともに約2分の1へと薄形化、軽量化することが可能です。

 低温ポリシリコンLCDは、液晶画面を制御する周辺回路を外付けすることなくガラス基板上に直接形成することができるので、 当社従来のアモルファス(非晶質)シリコンに比べて部品点数を約4割、接続ピン数を約24分の1に削減することが可能です。 これにより、機器の信頼性の向上を図ることができます。

 なお、新製品は4月12日からパシフィコ横浜で開催される「EDEX2000電子ディスプレイ展」に出展されます。 今後、当社は携帯電話用途向けにさらなる小形化を図った反射型低温ポリシリコンLCDの開発を行ないます。

*当社従来のアモルファスタイプの透過型LCDとの比較


新製品の主な概要
開発の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright