東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
フルカラーLEDモジュール用ドライバーICの新製品の発売について

2000年5月15日

 当社は、輝度特性にばらつきを持つ複数のLEDを点灯する際に、 出力電流値を補正することでLEDモジュール画面全体の輝度を最適に制御し、 高品位のフルカラー画像表示を行なうことのできる機能(ドット補正機能)を搭載した「TB62718AF」を商品化し、 7月より量産を開始します。

 複数のLEDから構成されるLEDモジュールにおいては、各々のLEDによって輝度特性がばらつくために、 搭載するLEDの仕様(輝度や波長)にあわせた補正やLEDの選別などが必要でした。 新製品は、ドット補正機能の搭載により複数のLEDの輝度ばらつきを制御することが可能で、これにより、 LEDモジュールの製造およびパネルを組み立てる際のLEDの選別や補正といった作業工程を削減することができます。

 また、カラー・データ信号(赤・緑・青の各色8ビット)にあわせて出力端子側のパルス幅を制御するPWM制御機能を搭載し、 これにより256階調(1677万色)のフルカラー画像表示に対応することができます。

 さらに、高耐圧のBiCMOSプロセスを採用することで、データ転送およびPWM制御の高速化(最大20MHz)と出力耐圧26Vを実現し、 幅広いフルカラーLEDモジュール環境への最適化を図っています。

PWM(Pulse Width Modulation)パルス幅変調


新製品の概要
開発の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright