東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
さまざまな帳票の自動読み取りが可能なOCR新シリーズの発売について

2000年9月19日

帳票レイアウトを自動的に理解する新技術により実現

 当社は、OCR(光学的文字読み取り装置)の新製品として、 当社が独自開発した帳票レイアウトを自動的に理解する新技術「iRテクノロジー」の採用により、 これまでOCRで処理できなかった多種混在の公金伝票などの読み取りを実現した「OCR2000iシリーズ」を商品化し、 本日から発売します。

 新製品は、あらかじめ定義した絶対位置情報から文字を検出して読み取る従来方式に加え、 帳票レイアウトを自動的に認識して、読み取り領域を検出する方式を採用することによって、 OCR専用帳票以外の読み取りも可能です。 さらに、レイアウト情報から帳票の種類を自動的に識別する機能により、 帳票識別用のID番号のない帳票が混在した状態でも、連続して読み取ることができます。
 また、新製品の新たな機能として、カラー印刷された領域から記入文字を抽出する機能により、 カラー帳票に記入された文字も読み取ることができます。

 新製品は、複数の認識アルゴリズムを統合的に処理する新認識方式を採用することで、 業界トップクラスの読み取り精度を実現しています。 中でもOCRにおいてニーズの高い手書き数字の認識については、 リジェクト率、誤認識率を、それぞれ従来機種に比べ1/5、1/15(当社比)に改良しています。 さらに、新製品は、処理性能の向上も図っており、 卓上型OCRで国内最高速の毎分80枚の読み取り速度(モデル80)を実現しています。


新製品の概要
開発の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


  • 本資料掲載の読み取り速度は、 OCRコントローラ(Pentium(R)III600MHz)にて、 当社テスト原稿および指定アプリケーションにより測定した値です。
  • 本商品が扱える帳票に関しては、事前に運用評価が必要な場合があります。
  • Microsoft, Windows, Windows NT,Visual Basicは米国マイクロソフト社の米国およびその他の国における登録商標です。
  • MAGNIAは、株式会社東芝の商標です。
  • Pentiumは、米国Intel Corporationの登録商標です。
  • その他、本文中の商品名称はそれぞれ各社が商標として使用している場合があります。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright