東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
一般の粉末合成洗剤を使用できる業界初のドラム式全自動洗濯乾燥機の発売について

2000年12月7日

 当社は、ドラム式では業界で初めて*1、一般の粉末合成洗剤を使用可能とするとともに、 洗いから乾燥までの運転音を業界で最も小さく*2した、 DD(ダイレクトドライブ)インバーターモーター*3搭載ホームランドリー(全自動洗濯乾燥機)「銀河21 TW−G70」を商品化し、 2001年1月16日から発売します。

 新製品は、洗剤泡の発生状況を検知して運転を制御することにより、 これまでドラム式では低発泡タイプに限定されていた使用推奨洗剤を、 業界で初めて一般の粉末合成洗剤も使用できるようにしています。 また、DDインバーターモーターの運転音をさらに低減し、業界トップの静音性を実現しています。 これにより、洗い時35dB(静かな公園並)、脱水時44dB(図書館並)、 乾燥時40dBに運転音を抑えており、深夜や集合住宅などでも音を気にすることなく使用することができます。
 また、新製品は、ワイシャツなどに最適な「アイロンコース」や、 洗いから脱水までの時間を短縮した「スピーディコース」も新たに搭載し、使い勝手を高めています。

 さらに、新製品のカラーバリエーションとして、 前面洗濯物投入口の扉と操作パネルの色を4色ラインアップしています。 基本色は、「パールブルー」で、受注販売色として「パールグリーン」、 「ローズピンク」の他、洗面台などの色にもマッチしやすい「ピュアホワイト」を新たに加えました。

*1 2000年12月現在のドラム式洗濯機において
*2 44dB(図書館並の騒音レベル)〜35dB(静かな公園並の騒音レベル)で、 2000年12月現在の全自動洗濯乾燥機において
*3 当社が1997年の全自動洗濯機から採用しているモーター


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright