東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
「家電Web受発注システム」の共同運用開始について

2000年12月13日

シャープ株式会社
ソニーマーケティング株式会社
株式会社 東芝
日本ビクター株式会社
株式会社 日立製作所
三菱電機株式会社
株式会社NTTデータ

 シャープ株式会社、ソニーマーケティング株式会社、株式会社東芝、日本ビクター株式会社、 株式会社日立製作所、三菱電機株式会社(以下:6社)は、家電店の受発注業務の効率化を支援するため、 Web上での受発注が可能な「家電Web受発注システム」の共同運用を、 平成13年1月より順次開始します。
 「家電Web受発注システム」は家電店がインターネットに接続し、指定のサイトにアクセスするだけで、 個別に契約した各メーカーの在庫照会・発注・最終発注照会・発注履歴照会をリアルタイムで行う事ができるシステムで、 従来各メーカーが提供していた発注システムに比べ、導入が簡単、ソフトの更新の手間が不要、 一つのシステムで複数のメーカーに発注が可能などのメリットが有ります。 このシステムの導入により、家電店はお客様へ納期が即答できるなど、サービスの向上が図れます。
 本システムは、6社の企画の元に、株式会社NTTデータと共同で設計・開発したシステムで、 運用はNTTデータが行います。
 6社は、システムのサービスの更なる向上にむけ、より多くの家電店ならびにメーカーにご参加いただき、 一層充実したネットワークとするため広く提案してまいります。

システム概要

家電店は、1つのID・パスワードを取得した上で、 各メーカーと個別に契約する事により、使用が可能となります。 専用ソフトのインストール等は、特に必要ありません。
このシステムはID・パスワードのほか、 SSLによる暗号化並びに電子証明書(サーバ側、パソコン側による相互認証)により、 高いセキュリティーを確保しています。
利用可能時間 午前8時〜午後9時(土日・祝祭日を含む/年末年始・第2日曜日は休止)
(一部メーカーは午後10時まで利用可能)
システム利用料・通信料・プロバイダー契約料等は家電店の負担となります。
プロバイダー業者は、各家電店で自由に選択できます。

開発の経緯

 受発注の電子化は、家電店が営業している土日の在庫確認・発注要望への対応、 受発注業務のスピードアップを目的に、各メーカーが取り組んできました。
 東芝及び日立の2社は、それぞれ独自の受発注システムを運用していましたが、 受発注専用端末の老朽化などの問題が有り、個別にweb版受発注システムの検討に入っていました。 また、それぞれの家電店が他のメーカーの商品を発注する場合、各社の発注端末を保有するか、 電話もしくはFAXでの発注が必要でした。
 一方、従来からシャープ、ソニーマーケティング、日本ビクター、 三菱電機が運用してきたKJ−NET(*)は、 パソコンの入れ替え時や新規に加盟する場合の専用ソフトのインストール、 メンテナンスなどに工数がかかるなどの問題が有り、 この解決のため、KJ−NETweb版の開発検討に着手したところでした。 また、東芝、日立同様、KJ−NET加盟の家電店も4社以外のメーカーに商品を発注する場合の電子化が困難で、 業務の効率化に課題を抱えていました。
 このような背景から、webを利用した受発注システムの開発を検討していた6社がNTTデータと共同で、 新しいweb受発注システムの企画・開発を行う運びとなったものです。
 今回のシステムは、同一のパソコン端末から複数のメーカーに発注・照会が可能となり、 また発注業務の電子化によるスピード改善が図れるなど、家電店の顧客へのサービス向上につながります。
(*)KJ−NETは、シャープ、ソニーマーケティング、 日本ビクター、NTTデータの4社が共同開発し、平成10年2月より導入を開始した、 Windows対応の受発注システムです。平成11年からは三菱電機を加えた4メーカーが加盟し、 1つのソフトをパソコンにインストールすれば加盟4メーカーへの発注が可能となります。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright