東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
普及タイプのDVDビデオプレーヤーの発売について

2001年1月17日

D1端子とコンポーネント端子の搭載により高画質映像を忠実に再現

 当社は、普及タイプのDVDプレーヤーの新製品として、 D1端子とコンポーネント端子を同時搭載することで高画質映像を忠実に再現するとともに、 CD−RやCD−RWなど多彩な光ディスクを再生することができる「SD−1500」を2月1日より発売します。

 新製品は、普及モデルのベストセラーとなった「SD−1200」の後継機として商品化したもので、 原画に忠実な映像を再現するとともに、DVD−Video、ビデオCD、音楽CD、 CD−R、CD−RWなどに対応しています。 また、5段階の映像調整機能や3段階の音場効果機能など、DVD本来の高画質・高音質を追及したモデルです。


新製品の概要
新製品の主な特徴
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


  • DTSは、米国デジタル・シアター・システムズ社の商標です。
  • スペシャライザー・N−2−2・デジタル・バーチャル・サラウンドはデスパー・プロダクツ・インコーポレッド社からの実施権に基づき製造されています。
  • ドルビー、ドルビーデジタルはドルビーラボラトリーズライセンシングコーポレーションの商標です。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright