東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
ナレッジマネジメントソフトウェア「KnowledgeMeister」の発売について

2001年1月30日

サポートサービスの開始と併せ、ナレッジマネジメント市場へ本格参入

 当社は、迅速な意思決定と企業の競争力を高めるため、 社内外に蓄積された膨大な情報を当社独自の日本語処理技術に基づいた高度な検索や分析をおこなうことにより、 新しい価値の創造を支援してビジネスに活用するナレッジマネジメントソフトウェア「KnowledgeMeister」を1月31日より発売します。 同時にナレッジマネジメントの導入から教育、 運用までをトータルにサポートするサポートオフィスを開設して2月1日よりサポートサービスを開始し、 今後急激な拡大が見込まれるナレッジマネジメント市場に本格的に参入します。

 「KnowledgeMeister」は、当社が開発した自然言語検索技術、クラスタリング(情報の自動分類)技術、 テキストマイニング(テキストデータを様々な観点から分析して知識を発掘すること)技術を組み合わせて (1)文章の構造を理解することにより日本語の内容を解釈して意図に沿った高度な検索をおこなうことと (2)構造化ルールに基づきテキスト情報を自動分析し数値化することを国内で初めて実現した商品です。 このため従来のキーワード検索やキーワードの出現率を利用した分析と比べて、検索結果の精度が飛躍的に向上しました。
文書の意図を構造解析するために、分析のキーとなる単語や表現を相互の関係も含めて記述し、 登録した辞書やデータ。

 商品構成は、(1)インターネットやファイルサーバ上に様々なファイルで存在する情報(HTML、PDF、 Word、Excel、PowerPoint(R)、Lotus Notes(R)他)を定期的に収集し、 知識データベースとして登録する「情報収集」、 (2)思い浮かべた質問を検索キーとして使える自然言語検索機能や、 文書の意味を解析して階層的に整理する分類/クラスタリング機能を提供する「知識共有」、 (3)収集・蓄積された営業日報やアンケートなどの業務データを与えられた構造化ルールに基づいて分析し、 その結果を数値化して新たな知識を発掘する「知識分析」です。

 本商品は、CRM(カスタマ・リレーション・マネジメントシステム)、SFA(営業支援システム)、 マーケティング部門のアンケート分析システムなどに組み込むことにより、システム価値を高めることができます。 当社は、単体商品として販売するとともに、他社が販売するCRM、SFAシステムなどへも積極的に提供していきます。

 サポートサービスとしては、「東芝プラットフォームテクノロジーセンター」内に「デジタルドキュメントプラットフォームサポートオフィス」を開設し、 ソリューションプロバイダ、エンドユーザに対して、ナレッジマネジメントの導入コンサルティングから、 教育、Q&A、運用支援までトータルに提供していきます。


商品化の背景と狙い
新商品の概要
新商品の特徴
ナレッジマネジメントの
システム組み込みのメリット
お問い合わせ先


  • Microsoft、WindowsおよびPowerPointは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • Netscapeは米国Netscape Communication Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • Lotus NotesはLotus Development Corporationの登録商標です。
  • その他、本文中の商品名称はそれぞれ各社が商標として使用している場合があります。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright