東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
液晶新会社設立について

2001年2月23日

株式会社 東芝
松下電器産業株式会社

 株式会社東芝(以下、東芝)と松下電器産業株式会社(以下、松下電器)は、 両社出資による低温ポリシリコン液晶製造会社をシンガポールに設立することについて基本合意に達しました。

 今回の新会社設立に関しての合意は、低温ポリシリコン液晶初の海外展開による同事業の強化・拡大を図る東芝と、 液晶の海外生産によるコスト競争力の強化により、 液晶テレビや携帯電話への高精細液晶の展開を図る松下電器の目指すところが一致したものです。

 新会社は、2001年3月設立の予定で、東芝の低温ポリシリコン液晶技術と松下電器の高速液晶駆動技術を導入し、 2002年7月に量産を開始する予定です。
 新会社への総投資額は、約1,230億円を予定しており、順次生産能力を拡大していき、2003年度中には、 月産生産能力5万5千枚(基板サイズ730x920mm)の世界最大の低温ポリシリコン液晶工場を実現する計画です。

 ノートPC、ポータブルDVDプレーヤ、液晶テレビなどの用途に加え、 次世代携帯電話やPDAなどにおける動画サービス開始による高精細液晶への要求の高まりにより、 今後、液晶の市場はさらに拡大し、2003年には4兆円を超える需要が予測されています。 なかでも、低温ポリシリコン液晶は、画面の高精細化とともに、 部品点数や接続ピン数を大幅に削減できるという特徴から、機器の軽量化や信頼性向上に適しているため、 ノートPC、携帯電話やPDAなどのモバイル機器、液晶テレビへの需要が急増すると期待されています。
 さらに、低温ポリシリコン液晶は、有機ELパネル実現にあたって、最も重要な技術としても期待が高まっています。

 東芝と松下電器は、低温ポリシリコン液晶を新会社で生産することで、拡大する市場の要求に応えていくとともに、 低温ポリシリコン液晶の市場での優位性をさらに強固にするために、両社間での共同開発、共同調達及び、 製品相互補完についても今後、検討をしていきます。

新会社の完成時概要

会社名未定
設立2001年3月(予定)
代表者未定
所在地シンガポール共和国(タンピネス地区)
資本金約500億円
出資比率東芝67%、松下33%
従業員約750名
製品低温ポリシリコン液晶
生産能力月産5万5千枚(基板サイズ 730x920mm)


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright