東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
世界一静かな一般病院向け高磁場MRI装置の販売について

2001年3月1日

静音化機構「PianissimoTM」搭載型
高磁場MRI装置のラインナップ拡充

 当社は、検査の際に発生する騒音を聴感で90%カットする当社独自の静音化機構 「PianissimoTM(ピアニシモ)」*1を搭載した静音型高磁場MRI装置 「EXCELARTTM(エクセラート)」シリーズの第三弾として、 一般病院向けモデル「EXCELARTTM MRT−1000」を商品化し、 本日から営業活動を開始します。新製品の国内販売は、東芝メディカル株式会社が担当します。

 新製品は、「EXCELARTTM」シリーズで定評のある高い画像診断能を受け継ぎながら、 静音性とコストパフォーマンスをさらに高めた静音型高磁場MRI装置です。 新製品では、世界で初めてMRA(MR血管撮影)検査にソフトウエアによる静音化技術*2を適用しました。 また新製品では、コンパクト化による設置コストの低減、消費電力の低減、 定期交換不要な半導体型RFアンプの採用などによって、装置の導入から維持、 保守に至るまでのライフサイクルコストを当社従来製品と比べて約30%低減しました*3

 従来、静音型高磁場MRI装置の導入は、比較的予算規模の大きな医療機関に限られていました。 当社は、新製品をラインナップに加えることによって、より多くの医療機関に静音型高磁場MRI装置が普及し、 より多くの人々が「ひとにやさしい静かな高磁場MRI検査」が受けられるようになることを通じ、 医療の質の向上に貢献したいと考えています。
 なお、新製品は、2001年4月5日から7日にかけて神戸国際展示場で開催される 「2001国際医用画像総合展 JMCP2001」に出展します。

*1:「PianissimoTM(ピアニシモ)」は、 MRI装置の騒音の発生源である傾斜磁場コイルに対して、 「独立支持構造」と「真空封入構造」とを適用することで、 従来の静音化技術が聴感で約50%カットするのが限界であった騒音を、 90%カットすることを可能とした当社独自の静音化技術です。
*2:ソフトウェアによる静音化技術「QuietScan(クワイエットスキャン)」は、 傾斜磁場コイルに流す電流波形を最適化することで、PianissimoTMとの相乗効果によって、 ルーチン検査の大半のスキャン音を静かな街頭や普通の会話に相当する60デシベル台にまで静音化することを可能とした静音化技術です。
*3:当社従来製品、EXCELARTTM MRT−2001/P2との比較


新製品の主な概要
開発の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
<ご参考>当社の静音型MRI装置開発の歴史
お問い合わせ先

なお、新製品に関する情報は http://www.toshiba-medical.co.jp/products/でも提供します。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright