東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
東芝グループ社員によるオーケストラの欧州公演について

2001年3月1日

ロンドン、パリなどで2度目の海外公演

 当社をはじめとする東芝グループ社員による企業内アマチュアオーケストラ「東芝フィルハーモニー管弦楽団(略称:TPO)」(団員数120名、名誉団長:佐波正一(東芝相談役))は、 本年4月末から5月初旬のゴールデンウィークを利用し、欧州公演を行うこととなりました。 同楽団の海外公演は、1996年の米国公演(カーネギーホール等で開催)に続き2回目となります。

 東芝フィルハーモニー管弦楽団は、社員有志によって1989年10月に設立されたアマチュアオーケストラです。 関東地区の社員および一部グループ会社社員により構成され、一企業のオーケストラとしては世界最大規模の団体といえます。

 今回の欧州公演では、当社現地法人の所在するプリマス(イギリス南部)、 ロンドン、パリ、デュッセルドルフの4都市での公演を予定しており、音楽を通じて地域との文化交流を深めるとともに、 欧州における東芝グループの企業イメージアップと、欧州での社会文化貢献を図ります。 さらに、日本人、特に企業に勤務する社会人の文化的一面を紹介することで、 日欧の相互理解の促進にも寄与できるものと思われます。 また、英国での2公演は、本年5月から来年にかけて開催される日英文化交流イベント「Japan 2001」の公認プログラムとなっています。

 演奏曲目は、ロンドン及びパリにおいては地元の合同アマチュア合唱団と共にベートーヴェンの第九交響曲を演奏する他、 プリマス及びデュッセルドルフではソリストに世界的に活躍中のピアニスト小川典子さんを迎え、 グリークのピアノ協奏曲を共演します。

 TPOは設立以来、定期演奏会に加えて、当社事業場の所在する地域での地方公演や、 東芝グループ社員及び家族による合唱団「東芝フィルハーモニー合唱団」との合同演奏会など、 30回以上の演奏会を積み重ね、社内外から高い評価を得ています。 また、発足当初から音楽を通じた地域との文化交流を標傍して活動を続けており、 今回の欧州公演もこの理念を国境を越えた形で実現したものといえます。

 なお、TPOは今回の欧州公演を記念し、3月4日(日)に文京シビックホール(東京都文京区)にて定期演奏会を開催し、 欧州公演での演奏曲目の一部(Aプログラム)を演奏する予定です。

欧州公演の概要

5月2日*プリマス(英) Plymouth Pavilion・・・Aプログラム
5月4日 パリ(仏) Salle Pleyel・・・Bプログラム
5月7日 デュッセルドルフ(独) Tonhalle・・・Aプログラム
5月10日*ロンドン(英) Barbican Centre・・・Bプログラム
(*印は、日英文化交流イベント「Japan 2001」の公認プログラム)

Aプログラム・両国国歌
・ワーグナー作曲「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲
・グリーグ作曲 ピアノ協奏曲
・ブラームス作曲 交響曲第1番
指揮:河地 良智
ピアノ独奏:小川 典子
Bプログラム・両国国歌
・ベートーヴェン作曲 レオノーレ序曲3番
・ベートーヴェン作曲 交響曲第9番「合唱付き」
指揮:河地 良智
独唱:松本美和子(ソプラノ)
小山ゆうこ(アルト)
大間知 覚(テノール)
青戸  知(バス)
合唱(パリ):Ensemble Polyphonique de Versailles
Choeurs Elisabeth Brasseur
Chorale Franco-Allemande de Paris
合唱(ロンドン):London Philharmonic Choir

協賛・後援:Japan 2001 日本国内実行委員会
ロンドン交響楽団
英国航空
東芝国際交流財団
東芝ヨーロッパ社、他欧州各現地法人
東芝ツーリスト
株式会社 東芝 他


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright