東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
ビル空調制御システム用「LON(*1)対応配管挿入型温度計」の商品化について

2001年3月12日

東洋熱工業株式会社
株式会社東芝
東光電気株式会社

 東洋熱工業株式会社(以下、東熱)、株式会社東芝(以下、東芝)、 東光電気株式会社(以下、東光)の3社は、東京電力株式会社の協力の下、 ビル空調制御システムにおけるLON適用の確立とNeuronチップ*2の最適利用をテーマに共同研究・開発を続けて来ましたが、 今般、「LON対応配管挿入型温度計」を国内で初めて商品化致しました。
 設備運営のエネルギーコストの約半分が空調システムと見られている中、 TCO削減の観点から空調制御システムの最適運用、省エネ型設備への更新のニーズも高まっています。 そこで、エネルギ関連の研究会やワーキングで連携することが多かった東熱、東芝、東光の3社が、 それぞれの得意分野を活かし、ノウハウを共有して商品開発することにしました。 東熱は、空調設備工事会社としての空調制御とその施工技術ノウハウの他に、 87年にビルディングオートメーション(BA)のオープンマルチベンダーシステムを商品化し、 BAのオープン化に先駆的に取り組んで来ています。 東芝は、Neuronチップの製造からLON応用のシステムソリューションの提案まで、 オープン化したBAシステムの取り組みに注力しています。 東光は、電気設備会社としてネットワーク工事のノウハウを活かした強みを持っています。 この3社のノウハウや強みを融合されて商品開発したもので、 事業展開においてもそれぞれのルートで拡販を図る連携を行なっていきます。

 ビル設備監視制御システムは、設備のマルチベンダ化とネットワークのオープン化が近年急速に進展が見られ、 ビル監視制御系フィールドLANとしてLonWorks*3がディファクトスタンダードになりつつあります。 そのような背景を受けて、LON対応の各種制御端末、センサの引き合いが増大して行く見込であり、 今回商品化した「LON対応配管挿入型温度計」においても、初年度に約2,000台の販売を見込み、 3年後に5億円の事業規模を目指します。

*1:LONは、米国Echelon社の商標です。
*2:Neuronチップは、米国Echelon社がライセンスをもち、東芝が製造しているLSIです。
*3:LonWorksは、米国Echelon社の商標です。

製品概要

LON対応配管挿入型温度計

 空調など設備用配管内水温を計測するための温度計で、 測温抵抗体温度センサとLonWorks通信機能を一体化するもので、ダクト内空気温度を測ることも可能です。
 このLON対応温度計の特徴は次の通りです。

  • 省配線による工事費の低減
  • 従来型アルコール温度計と容易に交換可能
  • 小型、防滴構造で、配管挿入距離の調整が可能
  • 自照式デジタル表示で、正確な温度把握が可能
  • 配管構造の向きにより4種類の設置状態が選択可能
  • 断線検出機能付き
  • パソコンによる簡易計測システムが容易に構築可能

 製品レパートリとして、測定レンジは−20〜80℃、 0〜100℃、0〜200℃の3レンジ、 配管挿入最大長は150mm、400mmの2種類、計6シリーズをラインアップしました。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright