東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
国内初の「画像・生体情報統合型心臓カテーテル検査システム」の開発について

2001年3月22日

株式会社 東芝
東芝メディカル株式会社
日本光電工業株式会社

 株式会社東芝と日本光電工業株式会社は、心臓カテーテル検査を迅速に進め、 診断効率を大幅に高めた「画像・生体情報統合型心臓カテーテル検査システム」を国内で初めて共同で開発しました。
 なお、本システムは、東芝メディカル株式会社と日本光電工業が、3月25日からそれぞれ営業活動を開始します。 また、同日から国立京都国際会館で開催される日本循環器学会付属展示会に共同展示します。
 新しい検査システムは、X線システムとポリグラフ(生体波形記録システム)間のインターフェースを共同開発したことにより、 従来X線による心臓の撮影画像データと、カテーテルを用いた心臓内腔の圧力や心電図等の生体波形測定データが全く独立して表示、 記録されていたものを、一つのモニタ上で画像と各種波形や解析データを統合観察できるようにしました。 これにより、検査の迅速化、診断効率の向上、データの一元管理、ネットワークによるデータの検索と観察が可能になります。
 3社は、1981年から開発・製造・販売・サービスの分野で包括的業務提携関係にあります。 今回の共同開発もこの一環として実現したものです。
 画像診断機器分野と生体計測機器分野で、それぞれ国内トップメーカーである両社が、 高齢化と共に年々増加傾向をたどっている循環器疾患の医療ニーズに対応するため、 オープンで拡張性の高い循環器部門ネットワークソリューションを今後も共同で提供していきます。


新システムの概要
開発の背景
システムの特長
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright