東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
内蔵型1.8型磁気ディスク装置の商品化について

2001年3月22日

 当社は、1.8型の小型磁気ディスク装置の新製品として、 10ギガバイトの大容量を実現した「MK1002GAH」と5ギガバイトの「MK5002MAL」を開発し、4月より順次出荷を開始します。

 新製品は、内蔵用に適した小型コネクタを採用することで、 幅54mmX奥行き78.5mmと当社の1.8型従来製品に比べ面積比で88%に小型化するとともに、 厚さ8mmで10GB、厚さ5mmで5GBと薄型でありながら大容量を実現しました。 さらに、3.3ボルト駆動でローパワーアイドル時0.5ワットの低消費電力を達成しています。 また、2.5型に比べてアイドル時に約10dB静かな平均22dBの静音性を実現しています。

 このため、PCやPDAなどのデジタル機器やカーナビなど、バッテリー駆動のモバイル製品など幅広い応用が可能で、 急速な普及が期待されます。


新製品の概要
新製品の主な特長
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright