東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
操作しやすいユーザーインターフェースを搭載したコンパクトな超音波診断装置の発売について

2001年4月3日

 当社は、大病院から開業医まで幅広いユーザ層向けとして、 操作しやすいユーザーインターフェースを搭載した全身対応のフルデジタル超音波診断装置「Nemio(ネミオ)」を開発し、 4月5日から国内での営業活動を開始します。新製品の販売は東芝メディカル(株)が担当します。

 新製品は、操作者に親しみやすいユーザーインターフェイスを採り入れており、 操作パネルのスイッチ類を操作者の手の動きが最小限となるように配置しているなど、使いやすさを追求しています。

 また新製品は、当社最高級機種と同様に、1回の超音波送信で複数の反射エコーを同時に受信できる技術を採用しているため、 高速で高精細な画像表示ができます。

 さらに、新製品は新開発のASIC(特定用途向けIC)の使用や基板の多層化により、大幅な装置の小型化を実現しており、 幅480mm、奥行790mmのスペースに設置することが可能です。

 なお、新製品は4月5日から神戸で開催されるJMCP(国際医用画像総合展)に出展します。


新製品の概要
新製品開発の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright