東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
3Uの薄型ラックマウント筐体に大容量を実現したディスクアレイ装置の発売について

2001年4月5日

 当社は、独自に開発したハードウェアRAID*1によるディスクアレイ装置「ArrayFortシリーズ」の新製品として、 高さ3U*2の薄型ラックマウント筐体を採用した「AF550R」を商品化し、本日から営業活動を開始します。

 新製品は、省スペース設計の筐体に最大11台のHDDを内蔵することができ、最大364GB*3の大容量を実現しています。 RAIDのレベルとしては、0、1、1+0、5に加えて新たに5+0をサポートし、多様なRAID構成のニーズに柔軟に対応することができます。 また、ホストとのインタフェースに最新のUltra160/m SCSIインタフェース(転送速度160MB/s)を採用することで、高速化を図るとともに、 2つのホストを接続できるマルチポートを採用しており、クラスタシステムの構築にも対応可能です。 さらに、OSについてもWindowsNT(R)/2000、Linux、Solarisと幅広く対応し、マルチプラットフォームを実現しています。

 これらにより、「AF550R」は、ネットビジネスや基幹業務で求められる高い拡張性と信頼性を薄型筐体で実現しており、 今後さらに需要が見込まれるUNIXサーバ、IAサーバにおける小規模でコストパフォーマンスの高い拡張ディスクやクラスタシステムの共有ディスクとして最適です。

 当社は、ディスクアレイ装置について、「ArrayFortシリーズ」として、本モデルに加えて中位モデルの「AF1500」、 ハイエンドモデルの「AF3000」を揃えており、ネットビジネスのシステム構築に最適なプラットフォームとして当社が提唱する「ネットビジネスプラットフォーム」の主要コンポーネントに位置づけ、積極的に事業を展開していきます。

*1:Redundant Arrays of Independent Disksの略。複数のディスクを使用することで、信頼性と高速性を実現する技術。
*2:1Uは約4.45cm。
*3:36.4GBのHDDをフル実装時、内1台はグローバルホットスペアディスクとして使用。


新商品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


  • UNIXはThe Open Groupがライセンスしている米国並びに他の国における登録商標です。
  • Windows、Windows NT、Windows2000は米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。
  • LinuxはLinus Torvalds氏の米国及びその他の国における登録商標あるいは商標です。
  • Solarisは米国Sun Microsystems, Inc.の登録商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright