東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
高画質映像を実現したフラットワイドテレビ新製品の発売について

2001年4月12日

 当社は、BSデジタルハイビジョンテレビに採用している高帯域映像回路を搭載することによって、BSデジタルハイビジョン放送の高画質映像を鮮明に再現できる36型フラットワイドテレビ「FACE 36ZP55」など7機種を商品化し、5月1日から順次発売します。

 新製品は、当社従来機種の1.5倍の映像処理帯域を持つ「デジタルHDドライバー」を採用*1するとともにデジタル放送の全ての信号フォーマットに対応するD4端子を搭載*2しており、BSデジタルハイビジョンチューナーを接続することにより、デジタル放送の高画質映像を鮮明に再生することが可能です。
 さらに、新製品は、画面全体で240万通りの動きベクトル検出を行い、画像の動き方向と量を算出した情報に基づいて映像信号を処理し解像度アップを図ることで鮮明な映像を再現する「デジタルVプログレッシブ回路」を搭載しています。 また、当社独自の重低音システムを採用*3し、映画ソフトなどの臨場感あふれるサウンドを再現することができます。

 新製品は、画面回りのフレーム幅を細くすることで、業界最小クラスのコンパクトサイズと省スペースを実現しながら、色彩とフレームの形状を工夫することで画面をより大きく、すっきりと見せる「新ポスターフレームデザイン」を採用しています。

*1ZP55シリーズに採用。
*2ZP55シリーズに採用。ZP35シリーズはD3端子、ZB25はD1端子。
*3ZP55シリーズに採用。


新製品の概要
商品化の狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright