東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
高い操作性と長時間バッテリ駆動を実現したミニノートPC「Libretto」の発売について

2001年5月7日

小型軽量の本体に、10型ワイドSXGA低温ポリシリコンTFT液晶を搭載

 当社は、モバイルに最適なミニノートPC「Libretto L1/060TNMM」を商品化し、5月18日から発売します。 新製品は、小型軽量の本体に、10型ワイドSXGAの大画面液晶と18mmキーピッチのキーボードを搭載するとともに、長時間バッテリ駆動を実現しており、モバイルツールとしての使いやすさを高めています。

 新製品は、モバイル用PCとして求められる小型・軽量化を追求しながら、操作性やバッテリ駆動時間を向上させることで、携帯性とB5ノートPCに匹敵する使いやすさを両立させたWindows(R) Me搭載のミニノートPCです。 オフィスや家庭、学校などで、場所や時間を気にすることなく、同じ動作環境を持ち運んで快適に使用でき、モバイルPCの用途やユーザ層が広がります。

 新製品の本体は、質量約1.1kg、幅268mm、奥行167.2mm、最薄部20.5mmと手軽にモバイルユースとして活用できるサイズで、当社B5スリムPCと同等のキーピッチ18mm、キーストローク2mmのキーボードを搭載することで、高い操作性を実現しており、長時間使用時にも快適に操作できます。 さらに、液晶には当社開発の低温ポリシリコンTFT液晶を採用することにより、ミニノートPCでは最大となる10型ワイドSXGA(1,280X600ドット)を実現し、高精細・高輝度の見やすい画面でWebの画像や地図なども効率良く表示できます。

 また、新製品は、トランスメタ社製CrusoeTMプロセッサCPUの採用に加え、当社独自の省電力設定ユーティリティにより、最大約14時間の長時間駆動を実現しています。
 インタフェースとしては、使用頻度の高いUSBコネクタを2基、PCカードスロット(TypeII)、i.LINKコネクタのほか、ビジネスでのプレゼンテーションに使用できるRGBコネクタも搭載しており、家庭やオフィスなど、さまざまなシーンで活用できる設計としています。 さらに、世界主要58地域対応のモデムを搭載しているため、出張や旅行時に携帯し、海外でのインターネットやメールの活用が可能です。
 新製品の外観には、ビジネスシーンでもプライベートシーンでもなじむシンプルなデザインを採用しています。
オプションの大容量バッテリ装着時


新製品の概要
新製品開発の背景
新製品の特長
お問い合わせ先

なお、新製品情報は当社のPC総合情報サイト
「dynabook.com」(http://dynabook.com/)でも提供します。


  • 本資料掲載の商品はそれぞれ各社が商標として使用している場合があります。
  • Transmeta、Crusoe、Long Runは、Transmeta社の登録商標または商標です。
  • Microsoft、Windowsは米国Microsoft Corporationの米国及び他の国における登録商標です。
  • Windowsの正式名称はMicrosoft Windows Operating Systemです。
  • i.LINKは商標です。
  • Bluetoothはその商標権者が所有しており、東芝はライセンスに基づき使用しています。
  • SXGAは米国IBM Corp.の登録商標です。
  • 駅すぱあとは(株)ヴァル研究所の登録商標です。
  • ハードディスクの容量は1GBを10億バイトで算出しています。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright