東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
デジタルスチルカメラの新製品の発売について

2001年5月28日

コンパクトタイプで世界初*1の420万画素CCDを搭載

 当社は、デジタルスチルカメラの新製品として、コンパクトタイプカメラとしては、世界初*1となる420万画素CCDを搭載した「Allegretto(アレグレット) M81」(形名:PDR−M81)を7月中旬から発売します。

 新製品は、420万画素CCD(1/1.8型、有効画素数400万画素)を採用することで、A4サイズ以上の大判プリントでも高精細な画像を再現可能にしています。 また、高性能な光学式2.8倍ズームレンズと、画像補間処理を行う2.2倍デジタルズーム機能の併用により、最大で約6倍までのズーム撮影も可能です。
 画質面では、新開発の「オートホワイトバランス制御」を搭載し、より自然な色の再現を可能にしています。 また、操作性の面では、高速画像信号処理技術とバッファメモリーの併用によって、撮影間隔約1秒/再生間隔1秒以下の軽快さを実現しています。

 さらに、初心者でも簡単にプロの撮影テクニックを再現できるシーン別プログラムAE撮影モードを搭載するとともに、中・上級者には、作画意図に合わせたきめ細かな撮影を可能にするフルマニュアル露出調整やスポット測光機能なども装備しており、幅広いユーザーニーズに対応できます。

 新製品は、8MBスマートメディアTMやUSBインターフェースキット、単三型アルカリ乾電池など、必要なアクセサリーを全て同梱したオールインワンキットとし、利便性を高めています。

*12001年5月28日現在、コンパクトタイプのデジタルスチルカメラとして。


新製品の概要
新製品の開発の背景
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


  • Windows(R)は、米国Microsoft Corporationの登録商標です。
  • Macintoshは、米国Apple Computer,Inc.の商標です。
  • スマートメディアTMは株式会社東芝の商標です。
  • DCFは、主としてデジタルカメラの画像ファイルを、関連機器間で簡便に利用し合うことを目的として制定された(社)日本電子工業振興協会(JEIDA)の規格「Design rule for Camera File system」の略称です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright