東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
最新のMicrosoft(R) Office XPに対応した英日/日英翻訳ソフトの発売について

2001年6月19日

ビジネス文書をターゲットに、分野辞書を強化した「The翻訳オフィスV4.0」を発売

 株式会社東芝 e−ソリューション社(カンパニー社長:奥原弘夫)は、最新のMicrosoft(R) Office XPにいち早く対応するとともに、ビジネス分野辞書の増強、作成した英文のチェックに便利な翻訳確認機能の追加、最新のオフィス/インターネットツールの対応などによってビジネスユースの機能を大幅に強化した英日/日英翻訳ソフト「The翻訳オフィスV4.0」を商品化し、7月26日から発売します。

 新商品は、これまでの専門分野のカテゴリー辞書(英日6万語、日英6万語)にビジネスレター用語を含む分野辞書(英日2万語)を加えるとともに、英文レター作成用例文書にビジネスレター用語(日英2千語)を追加しました。 さらに英日基本辞書26万語、日英基本辞書25万語と増強し、ビジネス文書の翻訳品質を強化しました。

 また新商品は、原文(日本語)を翻訳した英文が本当に伝わる文になっているかを確認するため、訳した英文を再び日本語に翻訳する機能を新たに加えました。 さらに操作性向上のため、Windowsのエクスプローラと連携し、エクスプロ−ラ画面上からフォルダ内の複数のファイルを一括翻訳できる翻訳機能を提供します。

 加えてオフィスで使われる様々なツールの対応として、今回、業界で初めてAOL Instant Messenger4.1に対応するとともに、PDF文書の翻訳については、従来のAcrobat画面上での翻訳だけでなくAcrobat Reader画面からも翻訳できるようになりました。 Acrobat/Acrobat ReaderともVer5に対応しており、またNetscape6,一太郎11などの最新ツールにも対応しました。

 なお、これまで「The翻訳オフィス」を購入しユーザ登録をしてお使いになられたユーザを対象に、今回の新製品を優待価格(8,400円)で提供いたします。


新製品の概要
開発の背景と狙い
新製品の主な特長
機能一覧
動作環境
お問い合わせ先


  • Microsoft、Windows、Outlook、FrontPageおよびPowerPointは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • Netscapeは米国Netscape Communication Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • Pentium、CelleronはIntel Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • Adobe、Adobe Acrobatは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。
  • The翻訳オフィス、The翻訳は株式会社東芝の日本における商標です。
  • その他、本文中の商品名称はそれぞれ各社が商標として使用している場合があります。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright