東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
小規模病院および診療所向け電子カルテシステムの発売について

2001年7月5日

ペンタッチ入力でカルテ作成が可能、
医事会計システムとの連携で事務効率を向上

株式会社 東芝
東芝メディカル株式会社

 当社は、「液晶ペンタブレット」を標準採用した小規模病院および診療所向けの電子カルテシステム「DRCORE(ドクターコア)」を商品化し、7月11日から営業活動を開始、10月から販売します。

 新製品は、当社医事会計システム「TOSMEC MEPIO」と接続する電子カルテシステムです。 カルテ入力の際のペンタッチ回数を少なくした液晶ペンタブレットを標準装備することで、紙カルテと同じような感覚でカルテ入力を行うことができ、医師が入力作業に煩わされることなく患者の診療に集中できます。 また、電子カルテに入力した診療データを利用して、医事会計計算業務を行うことができ、事務処理の効率も向上させることもできます。

 新製品の販売は、東芝メディカル株式会社が担当します。 なお、同製品は7月11日から13日まで、東京ビッグサイトで行なわれる「国際モダンホスピタルショウ2001」に出品されます。


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の仕様
お問い合わせ先


  • Windowsは米国Microsoft Corporationの米国及び他の国における登録商標です。
  • Windowsの正式名称はMicrosoft Windows Operating Systemです。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright