東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
デジタル家電機器用光トランシーバ「トスリンク(R)」の新製品発売について

2001年7月13日

業界初のSMI光コネクタ仕様対応、
伝送速度250Mbpsの双方向通信が可能

 当社は、デジタル家電機器間の高速データ通信を行う光トランシーバ「トスリンク(R)」の新製品として、業界最速250Mbpsでの高速伝送が可能な「TODX2402」を製品化します。 8月からサンプル出荷を行ない、10月から量産を開始します。

 新製品は、2000年9月に松下電器産業、ソニーなど28社の賛同を得て仕様が制定されたプラスチック光ファイバ(POF)用光コネクタであるSMI型(Small Multimedia Interface)光コネクタに業界で初めて対応した製品です。 SMI型光コネクタと組み合わせて使用することでパソコン、デジタルビデオカメラ、デジタルCS/BSチューナなどデジタル機器間のネットワークを容易に構築することができます。

 新製品は、今月16日から幕張メッセで開催される「インタオプト2001」に出展します。 展示会では、複数のカメラを使ったマルチ画像伝送のデモンストレーションを行なうなど、新規用途を提案します。

光トランシーバは、AV機器をはじめとしたデジタル家電などにデータ入出力口として備付けられ、他の機器とデジタル情報を高速で交換します。 電気信号を光信号に変換する光送信部と、光信号を電気信号に変換する光受信部が一体となった光通信用モジュールです。 光コネクタと呼ばれる接続部分を介して光ファイバとつながります。


新製品の主な概要
新製品の開発の背景
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


  • トスリンクは東芝の登録商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright