東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
2つのスロットを搭載し拡張性に優れたPDA(Pocket PC)の発売について

2001年7月16日

 当社は、モバイルビジネスツールとして要求される機能性と拡張性を重視し、PCとの親和性や携帯性、操作性などを含めたユーザビリティを最大限追求したPDA(Pocket PC)「GENIO e550(ジェニオ イー)」と、1GBのマイクロドライブTMを搭載した上位機種「GENIO e550/MD」の2機種を商品化し、8月20日より順次発売します。

 新製品「GENIO e」は、OSに「Microsoft(R) Windows(R) for Pocket PC」を、CPUには携帯機器向けとしては最高速の「Intel(R) StrongARM Processor 206MHz」を搭載し、十分な機能性に加え、PCとの高い親和性を有しており、「Word」や「Excel」といったビジネスソフトのデータを、PCと簡単にやり取りすることができます。 また、当社が得意とする高密度実装技術や、アドバンストリチウムイオンバッテリーなどの先進技術を結集することで、Pocket PCとしては世界で初めてSDとCF-IIの2スロットを本体に内蔵しつつも、薄型(17.5mm)・軽量(約180g)のコンパクトボディを実現し、優れた携帯性と高い拡張性を両立しています。

 PHSデータ通信カードをCF-IIスロットに挿入すれば、手軽にインターネットを楽しんだり、メールのチェックも簡単に行うことが可能ですし、当社が業界で初めて開発したBluetoothTMSDカードを使用すれば、ワイヤレス環境でのPDAの用途を大きく広げることが可能です。 今後さらに、SD,CF-II向けに様々な機能のカードが実用化される予定であり、これらのアプリケーションのキーステーションとして利用することができます。 また、高精細のフロントライト付反射型TFT液晶を搭載しているため、「Windows(R) Media Player Ver. 7.1」を使ったMPEG4動画の再生や、インターネット画面などを、屋外でも鮮明な画像で映し出すことが可能で、ビジネス用途はもちろん、PCの補完マシンとしてのパーソナル用途にも対応しています。

 当社は、PDAを単なる電子手帳ではなく、ソリューションビジネスにおいてPCを補完するキーコンポーネントと位置付け、国内有力システムインテグレータ10社とSIパートナー契約を締結し、各社の持つ優れたソリューションシステムと「GENIO e」を組み合せたモバイルソリューションシステムの販売を推進し、PDAの法人向け市場の拡大を図っていきます。

 なお、「GENIO e」は、7月17日(火)〜19日(金)に東京ビッグサイトにて開催される「ワイヤレスジャパン(モバイルインターネット・ソリューション展)」にて展示します。

 当社は、2002FIFAワールドカップTMの「オフィシャルITパートナー」として、PC、サーバーなどのIT機器を提供します。 「GENIO e」もオフィシャルPDAとして、FIFAワールドカップTMの運営をサポートするモバイルソリューションに、役立てていく予定です。

「GENIO e 」のSDスロットは、SDIO規格にも対応しています。


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
主なオプション
お問い合わせ先


  • 商品の名称はそれぞれ各社が商標として登録している場合があります。
  • Microsoft、ActiveSync、Windowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • インテルは、米国およびその他の国におけるインテルコーポレーションまたはその子会社の商標または登録商標です。
  • コンパクトフラッシュは、米国SanDisk Corporationの登録商標です。
  • マイクロドライブは、IBMの登録商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright