東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
業界初のカードスロットを2基搭載したBSデジタルハイビジョンテレビの発売について

2001年8月7日

スマートメディアTMとSDメモリカードに対応

 当社は、BSデジタルハイビジョンテレビの新製品として、新開発の電子銃を採用(36・32形)し、画面の周辺部まで均一な高画質映像を再現できるとともに、業界で初めてスマートメディアTMとSDメモリカードに対応した「デジタルFACE 36D2500」など3機種を商品化し、9月16日から順次発売します。

 新製品は、画面周辺部の電子ビームの絞り込みを約25%改善(当社従来比)した当社独自開発の「ファインビーム電子銃」の採用により、画面全体に均一な高画質映像を再現することができます。
 また、業界で初めてスマートメディアTMスロットとSDカードスロットを搭載しており、デジタルカメラで撮影した写真をテレビ画面に高画質で再生することが可能です。 さらに、i.LINK、D4端子を備え、AVデジタルネットワークにも対応しています。

 さらに、当社独自の電子番組表(EPG)をはじめ、映画やスポーツなどのジャンル検索や自動スクロール画面表示など、多チャンネルに対応した多彩な選局方式を採用しています。
 また、誰でも簡単に操作できるように取扱説明書を内蔵し、操作の手順をアニメ付画面でガイドする「らくらく操作ガイド」を採用しています。


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright