東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
世界で初めて最小スライス幅0.5mmで16スライスを同時撮影できるマルチスライスCTスキャナの販売について

2001年8月7日

撮影時間を最大1/4に短縮

株式会社 東芝
東芝メディカル株式会社

 株式会社東芝 医用システム社(カンパニー社長:桂田 昌生)は、マルチスライスCTスキャナの新製品として、X線管球1回転を0.5秒で行い、最小0.5mmのスライス幅で16スライス同時に撮影することによって、高精細な画像を短時間で撮影できる「Aquilion Multislice System(16スライス/0.5秒)」を商品化します。 また、日本市場向けには8スライス同時撮影機種の「Aquilion Multislice System(8スライス/0.5秒)」もあわせてラインナップします。 国内販売は東芝メディカル株式会社が行い、本日から8スライス型の販売活動を開始します。

 従来のマルチスライスCTスキャナは、X線管球が0.5秒で1回転する間に、4スライスの画像(最小スライス幅0.5mm)を同時に撮影できました。
 新製品は、X線検出器における世界最小の検出素子(スライス幅0.5mm)を従来の4列から16列に増やすとともに、多量のデータを短時間で処理する新開発の収集データ処理システムを採用することによって、X線管球が0.5秒で1回転する間に、最小0.5mmのスライス幅で16スライスの画像を同時に撮影することができるようになり、高精細な画像の短時間撮影を実現しています。
 新製品は、穿通枝などの微細血管の描出、高分解能中耳像の描出、高精細肺癌検診、多相造影検査、救急患者の緊急高速検査、体動静止が困難な小児や病人の検査、心臓などの激しく動く臓器の検査などに効果が見込まれます。 また、病院経営面でも、検査時間の短縮による検査数の向上、X線管の寿命の伸長によるコストの削減などが期待できます。

 なお、新製品の国内販売価格は12億円からで、日本市場において販売開始後1年間で100台の販売を目標としています。

スライス幅0.5mmで4スライスの撮影が可能な当社従来機種「Aquilion Multislice System(4スライス/0.5秒)」などによる同じ領域の撮影と比較した場合


新製品開発の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright