東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
42V型・50V型BSデジタルプラズマテレビ新製品の発売について

2001年8月30日

高輝度・高コントラストと低消費電力を両立

42P250050P2500
別売のリフトUPスタンドとの
組み合わせ

 当社は、業界トップクラスの高輝度、高コントラストのプラズマモジュールを採用し、同時に業界最高の省エネルギーを実現した、BSデジタルプラズマテレビ「デジタル"FACE"プラズマ 42P2500」など2機種を11月1日から順次発売し、今後高い伸長が見込まれるプラズマテレビ市場に本格参入します。

 新製品のプラズマモジュールは、放電セル開口率の向上と透明電極の改善により、400cd/m2*1の高輝度を達成しています。 また、外光の映り込みを抑制して黒を引き締める「ブラックストライプ」や、発光スペクトルを適正化してプラズマ特有の不要な発光色をカットする「3原色カラーフィルター」の採用により、明るい部屋の中でもクッキリと見える高コントラストと、高い色再現性を実現していますので、明るく、自然で鮮やかな映像を再現可能です。

 また、チューナー部には、当社がBSデジタル放送受信用に開発した広帯域映像処理/グラフィクス用LSIを搭載し、大画面のすみずみまで高精細な映像を再現することができるほか、業界で初めてスマートメディアTMスロットとSDスロットを搭載しており、デジタルカメラで撮影した写真をテレビ画面に高画質で再生することが可能です。 さらに、i.LINK、D4端子、パソコン入力端子など豊富な入出力端子を備え、AVデジタルネットワークにも対応しています。

 新製品は、省電力設計により、業界一の低消費電力(合計310W)*2を実現しています。 発熱も抑えられるため、モニター部、チューナー部ともに冷却ファンのない構造*3とすることが可能となり、気になるファンのノイズも発生しませんので、映画やクラシック音楽などの静寂なシーンも、雰囲気を損なうことなく楽しめます。

 モニター部とチューナー部を一つにまとめて設置できるリフトUPスタンド(別売り)は、高さを3段階に変えることができますので、和室やリビングなど、テレビを見る場所に応じて最適な視聴環境を実現できます。

*142P2500で実現しています。
*242P2500で実現しています。(平成13年8月現在、42V型以上のBSプラズマテレビにおいて)。
*342P2500のみ。50P2500のモニター部は冷却ファン付きの構造です。


新製品の概要
商品化の狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


  • Trusurround DIGITAL 5.1CH方式は、SRS Labs. Inc の商標です。
  • スマートメディアTMは、株式会社 東芝の商標です。
  • i.LINKは、ソニー株式会社の商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright