東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
活性炭フィルター方式に比べて脱臭性能10倍の業務用分煙機の発売

2001年9月3日

「光プラズマ鮮蔵冷蔵庫」の放電型光触媒ユニットを採用

 株式会社東芝 家電機器社(カンパニー社長:中川 惇)は、業界で初めて業務用分煙機に「放電型光触媒方式」を採用し、活性炭フィルター方式(*)に比べて脱臭性能10倍、脱臭効率99%を実現するとともに、「ニードル放電集塵方式」を塔載し業界トップクラスの集塵効率98%以上を実現したエアークリーンシステム「ACD−H25A」「ACD―L25A」を、それぞれ9月17日と9月25日から発売します。
(*)活性炭フィルター方式:業務用分煙機で現在主流となっている脱臭方式

 新製品に搭載した放電型光触媒方式は、当社製冷蔵庫「光プラズマ鮮蔵庫」に採用した光プラズマユニットを分煙機用に改良したものです。 (1)放電効果、(2)オゾン効果、(3)光触媒の3つの効果によって、においの分子や有害物質を分解することで、脱臭・除菌に高い効果を発揮します。 脱臭スピードが活性炭フィルター方式の10倍以上、作動約5分後には99%以上のにおい除去率を実現しています。
 集煙・集塵については、ニードル放電方式を採用することで、業界トップクラスの集塵効率98%以上を実現しました。 275本のニードル(針状の放電部)により、現在主流のイオン化線方式にくらべてイオンを発生量が多く集塵力が高いのが特長です。 針状の電極から放電するため、断線などもなく耐久性に優れ、高い集塵力を長らく維持することができます。


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright