東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
人体の中で1番小さい構造の耳小骨を精密に描出できるマルチスライスX線CT技術の開発について

2001年9月17日

世界一の高分解能0.25ミリを実現

 当社は、X線CT装置で得られる人体の輪切り像の分解能(解像度)を従来の0.35mmから一挙に世界最高の0.25mmまで高めた高分解能CT技術「S−first」を医療法人 耳鼻咽喉科麻生病院と共同開発しました。
 当社は、新技術を搭載したX線CT装置を2003年度に製品化する予定です。


新技術の臨床効果
開発の背景
新技術の概要
共同研究先
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright