東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
携帯情報機器向け32ビットRISCマイクロプロセッサの発売について

2001年9月19日

周辺機能を拡張した多機能シングルチップRISCマイクロプロセッサ

 当社は、ADコンバータ、DAコンバータなど多数の周辺機能を1チップに搭載することで搭載機器の部品点数削減を実現できる32ビットシングルチップRISC(縮小命令セットコンピュータ)マイクロプロセッサ「TMP1942」を開発しました。 2002年2月からマスクROM版「TMP1942CYU/CYXB」のROM受付を行ない、サンプル価格1,000円で出荷します。

 新製品は、高コード効率や低消費電力動作が可能な「TX19」コア、1クロックアクセスが可能なROM及びRAMを内蔵しています。 さらに、高速ADコンバータ、DAコンバータの内蔵によりアナログ系を強化したのに加え、キーオンウェイクアップ、5V対応ポート搭載、タイマのチャネル数を増加させるなど、当社従来製品に比べて機能を拡張しました。 新製品は、デジタルビデオカメラ、デジタルスチルカメラなどの個人携帯機器や、カーオーディオなどの用途に最適なプロセッサとなっています。

 また、フラッシュメモリ(電気的一括消去・再書き込み可能な読み出し専用メモリ)内蔵品「TMP1942FDU/FDXB」も同時に開発し、 2001年12月からサンプル価格3,000円で出荷を開始します。


新製品の主な概要
開発の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright