東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
アプリケーションサーバに幅広く対応するWeb帳票ミドルウェアの発売について

2001年10月19日

ネットビジネス環境で本格的な帳票処理を実現する
「FlyingServ FormExpert」

 株式会社東芝 e−ソリューション社(カンパニー社長:奥原弘夫)は、当社のネットビジネス構築ミドルウェア「FlyingServ」シリーズの1つであるWeb帳票ミドルウェア「FormExpert」を強化し、10月29日より販売開始します。今回の強化で、幅広いJava対応アプリケーションサーバと連携することができます。

 新製品は、企業の業務に必要な帳票処理を、Webを前提としたネットビジネス環境で実現するためのミドルウェアで、アプリケーションサーバとの連携により、Webクライアント(ブラウザが動作するクライアント)で帳票処理業務の様々な操作を行います。
 また新製品は、「帳票設計」、「運用環境」、「印刷管理」の3つの機能から構成されており、帳票印刷処理の実行ライブラリや、帳票設計ツール、印刷管理ツールなどの本格的機能を備えているので、基幹処理業務にも対応可能です。これにより、Webベースの大規模な帳票処理業務システムを迅速・確実に構築でき、さらにはオペレータの負担を軽減した帳票印刷環境を実現することができます。

 さらに新製品は、Webクライアント上でJavaの専用アプレットが画面からの入力と印刷処理を行います。これによって、Webクライアントにプログラムをインストールすることなく、印刷帳票と同じイメージをWebクライアント上に画面表示してデータの入力や印刷を可能にしました。また、一般にきめ細かい印刷が難しいWeb環境においても、様々なプリンタに高精度に印刷できます。
 加えて新製品は、インターネットのデータ交換形式として普及しつつあるXMLを全面的に採用しており、異なるシステムから送られてきたXMLデータを帳票出力したり、帳票フォームをXMLに出力したりすることができます。これによりERPやEDIなどBtoBで必要になるデータ連携にも本格的に対応します。

 なお今回の強化で、アプリケーションサーバとして、これまでの「Oracle9i Application Server」に加え、「iPlanet Application Server」に対応します。さらに「Websphere Application Server」、「BEA Weblogic Server」などのJava対応アプリケーションサーバに対応する予定で、当社は、業務のネットビジネス化に伴い成長するWeb帳票市場に向けて販売を拡大していきます。


新商品の主な概要
商品化の背景と狙い
新商品の主な特長
お問い合わせ先


  • Microsoft、Windowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • Netscapeは米国Netscape Communication Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • その他、本文中の商品名称はそれぞれ各社が商標として使用している場合があります。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright