東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
ハードディスク&VHSビデオレコーダーの発売について

2001年11月5日

追っかけ再生や同時録画・再生など多様な利用を実現した複合機

 当社は、VHSビデオデッキにハードディスクを内蔵し、テープを使わず約40時間の録画ができる「アリーナ A−F40G1」を商品化し、11月20日から発売します。

 新製品は、最長約40時間の長時間録画や高速頭出し、録画しながら再生できる「追っかけ再生機能」などのハードディスクの特長と、これまでの録画テープやレンタルテープなども利用できるVHSビデオデッキの特長を兼ね備えた複合機です。

 新製品では、40ギガバイトのハードディスクに最長約40時間(EPモード録画時)の録画が可能で、ハードディスクに録画した番組の内容をタイトル画面から簡単に検索できるとともに、見たい番組を瞬時に頭出しすることができます。また、ハードディスクとVHSの相互ダビングが可能であるため、ハードディスクに録画した映像を編集して必要な部分だけをVHSテープにダビングするなど、簡単に個人ライブラリーを作成することができます。
 さらに、新製品は、ハードディスクとVHSビデオの同時録画もできるなど、幅広い利用形態に対応しています。


新製品の主な概要
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright