東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
HDD&DVDビデオレコーダーの新製品「RD−X1」の発売について

2001年11月15日

 当社は、録画・再生・編集・ダビングといった多彩な機能を実現するアプリケーションソフト群を搭載し、80ギガバイトのハードディスクドライブ(HDD)と、DVD−RAM/DVD−Rドライブを内蔵したHDD&DVDビデオレコーダーの新製品「RD−X1」を商品化し、12月1日より発売します。

 新製品は、当社が業界に先駆けて発売したHDD&DVDビデオレコーダー「RD−2000」において提案した「ハードディスクに録画し、残したい映像だけDVDにライブラリ保存する」という新しいデジタルAVの楽しみ方を推し進め、複数の番組を一括でDVD−RAMにダビングする「一括・高速ライブラリダビング」や、HDDに録画した長時間の映像番組をDVD−RAMに収まるよう、画質のレートを落としてダビングできる「レート変換ダビング」、HDDから再エンコード無しでDVD−Rに書き込む「DVD−R作成」機能、作成したDVD−RをHDDにダビングできる「ラインUダビング」などの新機能を追加し、録画・再生・編集・ダビングの全てにHDD&DVDビデオレコーダーならではの多彩な機能を実現しています。


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


  • 本製品に搭載している著作権保護技術はDVDフォーラムで認定されたCPRM (Content Protection for Recordable Media)です。
  • 著作権保護技術の採用により、録画禁止のものは録画できません。録画1回可のものは録画できますが、ダビングはHDDからDVD-RAM方向で、元の内容が削除される「移動」のみ可能です。
  • DVD−Rへは、コピーが禁止されたタイトルやチャプターは、コピー管理システム適用の制限があるため記録できません。
  • ソフトウェアのスペックは原則としてHDD、DVD−RAMを対象として記載しています。
  • ディスクは、データの作りかた、ディスクの状態によって、再生または録画できないものがあります。
  • 本機で録画したDVD−RAMは互換性のないDVDプレーヤー等では再生できません。
  • 本機で作成したDVD-RディスクはDVDビデオ規格に準拠していますが、全てのプレーヤー等(当社・他社含む)での正常な再生については保証していません。再生が可能なDVDプレーヤー(当社製): SD-3500, SD-5500
  • DVD−R作成では、DVD−Video規格の制限により、異なる音声モード、スクィーズ記録されたタイトルの混在は許されません。また、規格の制限により、音多形式が二カ国語を含むタイトルは記録することができません。複数のタイトルを記録すると、プレーヤーによってはスキップ操作ができない場合があります。本機で録画されていないタイトルやチャプターは規格で必要な情報がないため、DVD−R互換モードでレート変換ダビングしないとDVD−R作成はできません。DVD−Rディスクへは直接録画することは出来ません。DVD−Rにメニュー画面を作成することは出来ません。DVD−R作成には、DVD−R for Generalの4.7GBディスクをご利用下さい。
  • 録画・録音したものは個人として楽しむなどのほかは、著作権法上権利者に無断で使用できません。
  • 本機は、従来の家電製品と異なり、複雑なソフトウエアで構成される「デジタルAV」製品です。本機の内部は、DVD−RAM/RドライブとハードディスクドライブはATAPI規格(パーソナルコンピューターで使われている内部接続の規格の一つ)で接続されており、コンピューターのようにOS(基本ソフト)を介して、ハードウエアとソフトウエアが動作しています。したがって、電源を入れてから動作をするまでに時間がかかります。また、録画内容の削除等の操作においても、時間がかかる場合があります。
  • HDDはその部品の特性のため、ご使用状況に応じて次第に消耗し、不自然なブロックノイズの発生回数が増えていきます。消耗がひどくなり、使用に際して支障のある場合には、HDDの交換(有償)が必要となります。
  • ドルビー、ドルビー・デジタルは、ドルビーラボラトリーズライセンシングコーポレーションの商標です。
  • DTSはデジタル・シアター・システムズ社の登録商標です。
  • スペシャライザーN−2−2デジタルバーチャルサラウンドシステムは、デスパー・プロダクツ・インコーポレイテッドからの実施権に基づき製造されています。
  • G−CODEは、ジェムスター社のライセンスに基づいて生産しています。
  • Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国及び他の諸国における登録商標です。
  • Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
  • 商品の仕様・外観は予告なく変更する場合があります。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright