東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
単相200V電源仕様の家庭用ドラム式全自動洗濯乾燥機の発売について

2001年11月26日

国内メーカー初の200V電圧のハイパワーで
洗濯〜乾燥時間をさらに30分短縮*3

 当社は、ドラム式の全自動洗濯乾燥機の新製品として、家庭用ホームランドリーで初めて*1単相200V電圧仕様を採用し、ハイパワー化により洗濯から乾燥までの時間を約140分*2に短縮した「快速銀河21 TW−741EX2」を商品化し、12月15日から発売します。

 新製品は、100V仕様の全自動洗濯乾燥機(形名:TW−741EX(10月1日発売))で高出力乾燥ユニットと高効率水冷熱交換器の採用により実現した洗濯から乾燥までの時間約170分*2の優れた基本性能について、単相200V電源仕様とすることで、1660Wの高出力乾燥ヒーターを搭載、洗濯から乾燥までの時間を約140分*2とし約30分*3の時間短縮を実現しています。更にスピーディコースなら急いで仕上げたい少量衣類(約1kg)を約50分で洗いから乾燥まで仕上げます。
 また、1520Wの高出力温水ヒーターを搭載し、20℃から30℃の温水への沸きあがり時間を約12分、20℃から60℃への沸きあがり時間を約45分とし、ドラム式全自動洗濯乾燥機の特長である温水洗浄の使い勝手を向上しています。さらに、がんこな汚れのお洗濯に最適な運転コースとして、40℃温水での第1洗いと、60℃温水での第2洗いを自動的に行う「ダブル温水洗浄コース」を新たに搭載し、従来の「つけおき」コースに比べ約1時間の時間短縮で、これと同等の洗浄性能を実現しました。
 運転音は、DDインバーターモーターとオイルダンパーの採用により、洗い時32dB、脱水時44dB、乾燥時40dBに抑え低騒音化を実現しています。

 当社は、ホームランドリーをはじめとして、今後も調理機器など様々な製品分野で200V家電の開発を進め事業展開を図っていきます。

*1国内メーカーとして家庭用として初
*2日本消費者協会衣類乾燥テストの衣類組み合わせ4kg時
*3当社従来機種「TW−741EX(100V仕様)」との比較(4kg洗濯〜乾燥170分:室温20℃、水温15℃


新製品の主な概要
製品の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright