東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
学習分析機能やコミュニケーション機能を強化したe−Learningプラットフォーム「LearningWizard(ラーニングウィザード)」の販売について

2001年12月6日

 株式会社東芝 e−ソリューション社(カンパニー社長:奥原弘夫)は、拡大するe−Learning市場に向けて、「人が教えるぬくもりを感じる教育ビジネス」をコンセプトに、受講者の情報の共有と蓄積を行うコミュニケーション機能や人材育成をサポートする学習分析機能などを充実させたe−Learningプラットフォーム「LearningWizard(ラーニングウィザード)」の販売を本日から開始します。

今回の強化では、(1)受講履歴やテスト結果などのデータをビジュアルに表示する「学習分析機能」、(2)市販のHTMLエディタで作成した教材をe-Learningコースとして登録する「オーサリング機能」、(3)e−Learningのコンテンツをキーワードとして企業に内在する有効な知識(暗黙知)を目に見える形(形式知)にして蓄積することを支援する「コミュニケーション機能」(2002年2月リリース予定)などを提供します。

 また、最新WebTop技術であるJavaServlet/XMLの採用により柔軟なシステム対応が可能なため、既設人事システム等の基幹業務ソリューションとの親和性も高く、当社のシステムインテグレーション力を活かしたe−Learningプラットフォームを提供することができます。

商品の主な概要

商品化の背景と狙い

 現在、変化の早い市場に素早く対応できる高いレベルのIT活用能力や問題解決能力、また認定技術を持つ人員を確保することは企業にとって必至となっており、教育コストの削減や個々の時間の有効活用を可能とするe-Learning需要は急激な伸張をみせています。
 その中で当社は、得意とするナレッジマネジメントを活用したユーザーの知識共有や、自社での活用事例を活かした管理を容易とするシステムなど、プラットフォーム機能を強化した製品を販売します。

本商品の主な特長

  1. 学習分析機能

    e−Learningが収集する、「いつ・誰が・何を」という学習履歴やテスト結果を部門単位や個人単位にグラフ化して表示します。これにより、学習管理者は指導のポイントを速やかに把握し、適切な指導が可能となります。また、分析部分をカスタマイズして企業独自の分析を行うこともできます。

  2. オーサリング機能

    市販のHTMLエディタを用いてお客様ご自身で作成したコンテンツをe-Learningシステムに登録することを可能としました。これにより、企業内でタイムリーに教材を作成し、教育を実施することができます。

  3. コミュニケーション機能

    Q&Aや掲示板としての使い方のみならず、販売(営業)、技術、保守などの教育の際に、商品やサービス知識の問題点や改善点などの情報共有と蓄積が可能となります。これにより、最新の"知"を素早く全社に行き渡らせることが可能となります。

お問い合わせ先

本製品に関する
お問い合わせ先
共通ソリューション部
マーケティングリサーチ&ラーニング担当
TEL 03(3457)8496
e−Mail:ingelc@sid.toshiba.co.jp
Webサイト:
http://www3.toshiba.co.jp/ccc/sol/elea/


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright