東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
沸騰水型原子炉(BWR)に関する技術協力契約の延長について

2001年12月6日

株式会社 東芝
ゼネラル・エレクトリック・カンパニー

 株式会社東芝(以下、東芝)とゼネラル・エレクトリック・カンパニー(以下、GE)は、沸騰水型原子力発電プラント(以下、BWR)の技術開発に関する技術協力契約を更改し、10年間延長することで合意しました。

 両社は、1967年にBWRの技術協力契約を締結して以来、日本および海外でのBWRプラントの建設、運転プラントの予防保全サービス分野において協力関係を構築してきましたが、今回、新たな契約の締結にあたり、東芝の過去30年にわたるプラント製造能力の進歩に鑑み、今後は両社がお互いを「イコールパートナー」とみなすものに改めました。契約に基づき、両社は、安全で、コストパフォーマンスに優れ、環境に配慮したBWRの技術開発を通して、世界の原子力発電の発展を目指していきます。

 また、東芝とGEは今後も協力のうえ、BWRを所有する事業者に対して、常に最新の技術と情報を提供し、所有するプラントの安全と信頼性の維持に努めてまいります。現在、BWRは全世界で92基あり、そこで発電される電力は世界の総発電量の4%を占めています。日本国内には28基のBWRがあり、東芝とGEは、その多くのプラントでサービスを行っています。

 さらに、この契約により、競争の激しい世界市場における改良型沸騰水型原子力発電プラント(以下、ABWR)の受注にむけて、両社は結束をますます高めていきます。
 世界初のABWR2基は東芝、GE、株式会社日立製作所の協力のもと、設計・建設を進め、東京電力株式会社殿に納入されて以来、過去5年間に渡り順調に運転を続けています。現在も日本に2基と海外に2基が建設中です。

 世界的な電力需要の増加に伴い、新しい市場機会が生まれてきています。両社は、設計・製造・建設・保全におけるそれぞれの力を結集することにより、ABWRの競争力とBWR陣営の技術力を最大まで高めることで、新規受注の拡大を目指します。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright