東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
フィンランド・コネ社との昇降機事業における資本提携について

2001年12月20日

株式会社 東芝
東芝エレベータ株式会社

 東芝エレベータ株式会社(以下、東芝エレベータ)は、フィンランド・コネ社(本社:ヘルシンキ)との間で、昇降機事業での包括的な関係強化を目的とした資本提携に関して、本日、基本合意しました。

 具体的には、東芝エレベータは、2002年3月初旬に第三者割当増資を行い、コネ社が全額引き受けることで、コネ社が東芝エレベータの株式の20%を所有することになります。これにより、株式会社東芝(以下、東芝)の東芝エレベータへの出資比率は80%となります。あわせて、東芝エレベータがコネ社の株式の5%を所有します。また、本資本提携にともない東芝エレベータとコネ社は、戦略の共有による関係強化のため、相互に取締役を派遣する予定です。

 東芝エレベータとコネ社は、1998年より協調関係にあり、最近では、エレベータ・エスカレータ分野で相互部品供給、共同調達、共同開発を実施しています。今回の資本提携によって、コネ社のマシンルームレスエレベータなどの機械系技術と、東芝エレベータの高速化やインバータなどの技術の補完関係を一層強め、開発期間短縮などの競争力強化を図るとともに、コスト削減、サービス体制の強化などを実現し、両社の事業の拡大発展を図ります。

 昇降機の世界市場の規模は、保守サービスを含めて年間3兆円といわれ、コネ社は欧米市場、東芝エレベータは日本・アジア市場といった巨大市場をそれぞれ事業基盤としています。今後両社は、グローバル・アライアンス・コミッティを設置してグローバルな事業展開を推進し、特に今後最も市場成長の期待できる中国を含めたアジア市場においては、両社それぞれの拠点との間で、製造・販売・保守サービスを含めた協力体制を構築していきます。

 東芝は、コネ社と東芝エレベータ両社の技術力・マーケティング力の相乗効果による、昇降機事業のグローバル展開の加速と事業拡大を期待するとともに、「01アクションプラン」で掲げた事業競争力強化の一環として、昇降機事業をインテグレーター型事業と位置付け、東芝エレベータの事業展開を支援していきます。

東芝エレベータ株式会社概要

本社所在地:東京都品川区北品川6−5−27
代表者:取締役社長 西岡 浩史
売上高:1,200億円
従業員数:4,700人

東芝エレベータは、昇降機事業の開発、製造、海外販売を担当していた東芝の社内カンパニー「昇降機システム社」と、国内販売・保守サービスを担当していた「東芝エレベータ株式会社」を2001年1月に一本化し、設立した、東芝で初めて社内カンパニーから独立した会社です。東芝エレベータは、昇降機事業の事業企画、開発、製造、販売、保守サービスまで一貫した事業体制を確立し、経営効率の向上と意思決定の迅速化により、市場に直結した事業を展開しています。

コネ社(KONE CORPORATION)概要

本社所在地:フィンランド・ヘルシンキ市
代表者:副会長(CEO)アンティ・ヘルリン
売上高:2,900億円
従業員数:23,000人

コネ社は、1910年にフィンランドに設立され、欧州・米国を中心にグローバルに事業展開を行っている世界有数の昇降機事業会社です。同社は自社開発した機械室レスエレベータの製造・販売を1996年に開始し、その機械技術力と昇降機事業における総合力はグローバルに認められています。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright