東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
次世代超大容量書換え型光ディスクの開発について

2002年1月7日

 当社は、120ミリディスクにデジタル高精細映像を3時間記録することができる、青色レーザを使った記憶容量30GB(ギガバイト)の次世代超大容量書換え型光ディスクを開発しました。
 本開発成果は1月8日から、米国ラスベガスで開催される「2002インターナショナル・コンシューマー・エレクトロニクスショー(CES)」にて展示します。

 書換え可能な光ディスクは、直径120ミリで片面4.7GB、両面9.4GBのDVD−RAM等が商品化されていますが、今後の地上波デジタル放送の開始に向け、高精細の動画映像を長時間収録できる大容量ディスクの開発が望まれています。
 当社では、次世代大容量光ディスクの開発ターゲットを、高精細映像を3時間以上録画可能な容量30GBとし、大容量光ディスクの開発を進めてきました。今回開発したディスクでは波長405nmの青色レーザーを利用し、記録層のカバー層厚を0.1mmとしています。また、トラック構造にディスクの溝部と山部の両方に記録トラックを設けるランド&グルーブフォーマットを使用するとともに、高密度ディスクに対応する再生信号処理にPRML*技術を採用することで、ディスクの片面に単層構造で30GBの大容量記録を実現しました。ファイルフォーマットにはDVDと同じUDF(Universal Disk Format)を採用し,AV用途のみならずパソコン用途も考慮しています。

 次世代光ディスクは各社が開発を進めており、当社も本技術をDVDフォーラムへ提案することを視野に入れております。

*PRMLPR(Partial Response)方式と最尤(さいゆう)(Maximum Likelihood)復号とを組み合わせた信号識別方式。雑音増幅が小さく、高密度条件下でも識別誤りを起こしにくい。

本装置の概要


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright