東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
翻訳品質・支援機能をさらに強化した英日/日英翻訳ソフトの発売について

2002年1月9日

特許翻訳オプションと辞書語数を2倍に強化した専門用語辞書も同時発売

 株式会社東芝 e−ソリューション社(カンパニー社長:奥原弘夫)は、英日/日英翻訳ソフトの最上位版として、104万語の搭載辞書語数により翻訳品質の向上を図るとともに、原文・訳文・訳語候補を同時表示することなどにより操作性の向上した対話翻訳機能と、インテリジェント辞書登録機能などの翻訳支援機能を新たに搭載した「The翻訳プロフェッショナル V7.0」を2月8日から発売します。
 また、新商品専用として特許文書の翻訳精度の向上を実現する「英日/日英特許翻訳オプション V2.0」と、従来比で約2倍の辞書語数(16分野、英日101万語、日英102万語)を収録し、The翻訳シリーズ全商品を対象にした「The翻訳専門用語辞書 V3.0」を同時発売します。

 新商品は、搭載辞書語数を日英・英日とも各20万語追加し、業界トップクラスの英日53万語、日英51万語を実現しました。
 また対話翻訳では、最大3分割可能なウィンドウ内に、原文と訳文の対訳表示とともに、翻訳の際に利用したい類似文検索、訳語候補などの処理画面を同時表示できます。さらに日英と英日の翻訳モードを画面上のボタン一つで簡単に切替えることも可能です。これらにより、大幅な操作性向上を実現しました。

 インテリジェント辞書登録機能では、翻訳対象データから抽出された未登録熟語に対して、辞書登録の際に必要な情報(例えば、複数形や動詞の活用形など)を自動的に推定し提示するので、スピーディに辞書をカスタマイズすることができます。また、ユーザがすでに保有する原文と訳文のファイルを自動解析して文の対応付けを行い、その結果を翻訳メモリに登録することができるなど、特徴的な翻訳支援機能を備えています。これらの機能により、ユーザは、簡単な操作で、保有する翻訳資産を有効活用して、辞書を充実させ、翻訳精度をさらに向上させることができます。

 なお、「The翻訳プロフェッショナル」は2002 FIFA ワールドカップTM採用の翻訳ソフトウエアです。当社では、本発表に合わせて、「The翻訳プロフェッショナル」を含む「The翻訳シリーズ」を新規にご購入いただいたお客様に、2002 FIFA ワールドカップTM観戦ペアチケットが当たるキャンペーンを実施いたします。

新製品の概要

商品化の背景と狙い

 21世紀の社会はネットワークを中心にして社会活動をグローバル化し、近年のグローバライゼーションとローカライゼーションによって翻訳の需要は爆発的に増えており、これらを補うための翻訳ソフトの需要も増大してきています。

 当社は、このようなニーズに応えるため、辞書増強や操作性の向上を図った「The翻訳プロフェッショナル V7.0」、専門分野の翻訳結果を向上させる16分野100万語以上を収録した「The翻訳専門用語辞書 V3.0」、および特許文書の翻訳業務に対応する機能を追加する「英日/日英特許翻訳オプション V2.0」を商品化します。 これにより、翻訳品質の一層の向上と適用分野の拡大を図っていきます。

新製品の主な特長

The翻訳プロフェッショナル V7.0

  1. 104万語の辞書搭載でさらに向上した翻訳品質

    搭載辞書語数は英日53万語、日英51万語で内訳は以下のとおりです。翻訳分野に合わせた翻訳環境の設定が可能です。

    <英日>基本辞書27万語+次の分野辞書26万語。
    ビジネス、情報、電気・電子、機械、化学、医学・バイオ、航空、住所、ショッピング、オークション、エンターテイメント、グルメ、スポーツ、トラベル、キャンパスライフ
    <日英>基本辞書27万語+次の分野辞書24万語。
    ビジネス、情報、電気・電子、機械、化学、医学・バイオ、航空、住所

  2. 対話翻訳の操作性を向上

    The翻訳プロフェッショナルのメイン機能である対話翻訳で、翻訳方向の切り替えや、同一ウィンドウ内に関連情報の表示エリアを設置し、類似文検索、確認翻訳、訳語選択、EPWING辞書検索が行えるようになりました。また、別々の原文・訳文ファイルを文の対応付けをしながら読み込む文アライナー機能を搭載、翻訳メモリへ登録するデータの作成が容易に行えます。Word文書、Excelシート、PowerPointスライド、PDFファイルからテキスト部分を抽出して読み込めるので、原文データ形式の選択の幅が広がりました。

  3. 辞書メンテナンス力を強化するインテリジェント辞書登録機能

    インテリジェント辞書登録機能を使うと対話翻訳やWord文書から自動抽出された未登録熟語に対して、辞書登録の際に必要な情報(例えば、複数形や動詞の活用形など)を自動的に推定し提示してくれるので、ユーザ辞書への登録データ作成が容易に行えます。またユーザ辞書への一括登録も行えるので、ユーザ辞書のメンテナンスも手間がかからず行えます。

  4. 翻訳結果がチェックできる「確認翻訳」機能

    日本語を翻訳した結果が果たして本当に自分の意図した内容で相手に伝えられているのかを確認できるように確認翻訳機能を追加しました。 日本語を翻訳した結果を再度翻訳し、日本語で確認することができます。

  5. MS-Office連携

    ビジネスシーンで使用されることの多いMicrosoft Officeに翻訳機能を組み込め、最新のOffice XPにも対応しています。また、Wordに連携する翻訳機能では、Word画面上の文を1文ずつ翻訳し、類似文検索や確認翻訳などが行えるステップ翻訳が新しく加わり、より翻訳作業を行いやすくしました。

  6. Acrobat Reader連携

    翻訳機能をAdobe AcrobatやAcrobat Readerにも組み込めます。Adobe Acrobat には、翻訳機能組込の他に、PDFをRTF形式に変換する機能も組み込めます。翻訳結果などをRTFに変換すれば、使い慣れたWordの環境で編集作業が行えます。

  7. エクスプローラ連携

    一度にたくさんのテキストやWordの文書を翻訳するのに、ひとつひとつフォルダやファイルを開いてから翻訳するのでは面倒です。新商品では、エクスプローラの右ボタンメニューから、直接フォルダやファイルの翻訳を実行できるようにしました。翻訳したいファイルを複数選択しても翻訳を開始できます。フォルダを選択すればその下の翻訳可能な形式のファイルをすべて翻訳するので、複数を指定する必要もありません。

  8. クイック翻訳の強化

    マウスで文字をポイントしただけで翻訳が行えるクイック翻訳が、複数行にわたる1文も自動判別して取得するようになりました。

  9. インターネット関連の機能を強化

    インターネットによる情報収集のために、ブラウザでの翻訳機能を充実しました。Microsoft Internet Explorerではエクスプローラバーでの翻訳結果対訳表示とEPWING辞書の参照ができます。また新たにNetscape 6にも対応し、ブラウザとメールツール、さらにコンポーザーでの翻訳も可能となりました。ブラウザ関連の他に、オートパイロット機能やキャッシュ登録機能、チャット翻訳なども搭載し、情報収集力がさらにアップしました。

  10. グループでの翻訳品質の均一

    サーバ内に共有の辞書をつくれる辞書共有機能により、グループ内で同じ辞書での翻訳ができる環境を実現しており、翻訳品質の均一化が図れます。

英日/日英特許翻訳オプション V2.0

 本オプションを「The翻訳プロフェッショナル V7.0」に追加インストールすることで、従来の翻訳ソフトでは対応が難しい独特の表現を持つ特許文書(明細書など)を特許専用文法で解析・翻訳できるため、特許文書の翻訳品質を向上させることができます。特許独特の文書を、翻訳しやすい単位に分割したり、独特な表現を翻訳可能な形に調整しながらの読み込みが対話翻訳機能の他にWordでも行えます。また対応データ形式にSGMLが加わりました。
 さらに、本オプションは英日101万語、日英102万語の語彙を搭載した「The翻訳専門用語辞書 V3.0」を装備しており、 各種分野の特許文書の翻訳に役立ちます。

The翻訳専門用語辞書 V3.0

 英日版、日英版とも分野数を8分野から16分野に拡張、語数も100万語超にアップしました。The翻訳シリーズならどの商品でも必要な辞書を必要なだけ選んでいつでもインストールすることができます。

機能一覧

(a)対象ツールの詳細は動作環境を参照
(b)UPF:翻訳ソフト対訳ユーザ辞書標準仕様/AAMT版
TMX:TRADOSなどで採用されているトランスレーションメモリの標準フォーマット
(c)対話翻訳時の機能
(d)英日のみ
(e)日英のみ
(f)EPWING Ver.2.0対応辞書のみ。参照は文字データのみ。

動作確認

ハードウェア

ソフトウェア

注意事項
上記ツールは本製品には含まれません。
上記ソフトウェアは全て日本語版です。SDKなどで改造したツール,β版プレリリース版での動作は保証いたしません。
PDFファイルの翻訳にはAdobe Acrobat4.0/5.0日本語版が必要です。 Acrobat Readerでは翻訳できません。
DOCファイルのファイル翻訳にはWord 97/98/2000/2002のいずれかが必要です。
本製品の仕様は予告なく変更される場合があります。

お問い合わせ先

お客様から商品に関する
お問い合わせ先
e−ソリューション社
コンピュータ・ネットワーク
プラットフォーム事業部
TEL 03(3457)2725

新商品情報は「The翻訳」シリーズのホームページ(http://www.hon-yaku.toshiba.co.jp/)でも提供します。


添付資料「The翻訳プロフェッショナル V7.0」対話翻訳画面例


  • Microsoft、Windows、Windows NT および Outlookは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • Netscapeは米国Netscape Communication Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • Pentium、CeleronはIntel Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • Adobe、Adobe Acrobatは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。
  • The翻訳プロフェッショナル、The翻訳は株式会社東芝の日本における商標です。
  • その他、本文中の商品名称はそれぞれ各社が商標として使用している場合があります。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright