東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
小型・大容量の1.8型磁気ディスク装置の商品化について

2002年1月16日

 当社は、1.8型の小型磁気ディスク装置の新製品として、20ギガバイトの大容量を実現した「MK2003GAH」と10ギガバイト「MK1003GAL」を開発し、2月から順次、量産を開始します。

 新製品は、モータやLSIパッケージなどの薄型化や高密度実装技術の採用などにより、幅54mmX奥行き78.5mmX厚さ8mmのコンパクトサイズに20ギガバイトの大容量化(「MK2003GAH」)を実現しています(「MK1003GAL」は、厚さ5mmで10ギガバイト)。さらに、3.3ボルト駆動でローパワーアイドル時0.4ワットの低消費電力を達成するとともに、アイドル時24dB(「MK2003GAH」)の静音設計としています。
 これらの特長により、新製品は、ノートPCをはじめとして、ミニノート型やタブレット型、ウェアラブル型などの携帯型PC、携帯AV機器、携帯情報端末など、バッテリー駆動の各種モバイル製品での幅広い応用が可能です。

新製品の概要

新製品の主な特長

  1. 小型薄型軽量であるとともに記憶容量の大容量化を図っており、今後、製品化が見込まれる超薄型のノートPCやタブレットPC、携帯AV機器、携帯情報端末などの内蔵型として最適なストレージです。

  2. 3.3ボルト単一電源で、リードライト時1.4W、ローパワーアイドル時0.4Wと改正省エネ法上のエネルギー消費効率目標値をクリアした低消費電力を実現しているため、モバイル機器のバッテリーの長時間使用を可能にしています。

  3. 世界最高クラスの面記録密度と動作時1,960m/s(200G)、非動作時9,800m/s(1,000G)の高い耐衝撃性を両立させており、機器の携帯性に配慮しています。

  4. アイドル時24dB(「MK2003GAH」)の静音設計を採用しています。

  5. 記憶容量の増大に対応し、データ転送速度を毎秒100MBに高めています。

新製品の主な仕様

お問い合わせ先

新製品についてのお客様からの
お問い合わせ先
ストレージデバイス事業部 TEL 03(3457)2445


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright