東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
中国での真空遮断器製造合弁会社設立について

2002年1月22日

 当社は、発電所や変電所、工場などで使用される真空遮断器と負荷開閉器の製造・販売を行う合弁会社を中国・広東省に設立することで広州白雲電器設備廠と合意しました。

 新会社は、広州白雲電器設備廠との共同出資により、広東省広州市に本年3月に設立し、5月から製造を開始する予定です。新会社の名称は、「広州東芝白雲電器設備有限公司」で、両社から部品の供給を受け、中国市場向けの12キロボルト真空遮断器を年間1,000台、負荷開閉器を同じく1,600台の規模で製造します。資本金は1,250万元で、出資比率は当社40%、当社の中国での現地法人である東芝中国社10%、広州白雲電器設備廠50%です。

 中国では、電力系統の信頼性向上のため、配電系統の新設・改造が重点強化項目として取り上げられており、220キロボルト以下の送配電網について、第9次五ヶ年計画では3,000億元(約4.5兆円)が都市農村部の電力設備に投資されています。このような中、電力安定供給や送変電ネットワークの信頼性を高めるキーコンポーネントである真空遮断器と負荷開閉器の市場も拡大中で、中圧クラスの12キロボルト製品ではそれぞれ年間9万6千台と2万8千台規模の需要があり、今後も年率8%の成長が見込まれています。

 当社は、2000年から中国における有力なスイッチギヤメーカーの1つである広州白雲電器設備廠と、真空遮断器の設計・製造の技術提携を行っています。今回、この関係をさらに強化して、新たに現地の製造拠点として合弁会社を設立し、中国市場のニーズに対応した製品を供給することによって、中国市場での事業拡大を図っていきます。

 新会社は、当社の中国における真空遮断器の製造拠点としては、2000年に設立した寧波東芝華通開関設備有限公司に続くものです。広州東芝白雲電器設備有限公司を設立することにより、中国全土をカバーする体制が整います。

新会社の概要

社  名広州東芝白雲電器設備有限公司
設  立2002年3月(予定)
資 本 金1,250万元(約1億8,700万円)
出資比率東芝40% 東芝中国社10% 広州白雲電器設備廠50%
所 在 地中国・広東省広州市神山鎮工業区(広州白雲電器設備廠内)
総 経 理未定(東芝から選出予定)
従業員数約60名
操業開始2002年5月(予定)
製造品目12kV真空遮断器及び負荷開閉器
生産規模当初年間1,000台規模(真空遮断器)、同1,600台規模(負荷開閉器)

広州白雲電器設備廠概要

社  名広州白雲電器設備廠
設  立1989年7月
所 在 地中国・広東省広州市神山鎮工業区
総  裁胡 明聡
従業員数約1,850名
売 上 高4億5,000万元(約67億円、2000年)
販売拠点全国22ヵ所
主要製品高低圧スイッチギヤ


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright