東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
IAサーバ「MAGNIA(マグニア) Z300」機能強化システムの発売について

2002年1月24日

モバイルPCのワイヤレスLAN接続性能を飛躍的に高める
「Seamless Office」を搭載

 当社は、ノートパソコンなどのワイヤレスLAN接続性能を飛躍的に高め、シームレスなワイヤレスオフィス環境を実現するソリューションソフトウェア「Seamless Office」を商品化し、当社IAサーバ「MAGNIA(マグニア) Z300」、ノートパソコン「DynaBook」との組合せによるモバイルワイヤレスシステムとして、1月31日から営業活動を開始します。

 新製品は、当社が提唱する「anywhere、anytime、always connected to the world」を具現化するもので、パソコンを持って離れた場所に移動しても、面倒な接続設定の変更をなんら行わずに、移動先のワイヤレスLANネットワーク環境で自席と同じ執務環境を実現できます。さらに、ワイヤレスLANでありながら、大幅にセキュリティが強化されています。
 「Seamless Office」はMobile IPソフトウェア、IPSecソフトウェア、IEEE802.1xに準拠したワイヤレスLAN用のセキュリティーソフトウェアから構成されるパッケージソフトウェアです。アクセスポイント機能を内蔵し、世界最小クラスの2wayIAサーバ「MAGNIA Z300」とワイヤレスLANカード搭載PCとのネットワーク環境に、ワイヤレスソリューションソフトウェア「Seamless Office」を導入することにより、容易にモバイルワイヤレスシステムを構築することができます。

 また、IAサーバ「MAGNIA Z300」のラインアップ強化として、「MAGNIA Z300」の特徴を活かしたコンパクト、高性能、高信頼性で、容易に導入設置ができる「MAGNIA Z300 NAS注1モデル」を商品化し、1月31日から営業活動を開始します。

注1:NAS:「Network Attached Storage」

新製品の概要

1.Seamless Office
*1・対応可能なドライバは、当社無線LANカード内蔵PC、当社検証済無線LANカードが対象となります。
・対応可能OSはWindows(R)98SE, Windows(R)Me,Windows(R)XPです。

2.MAGNIA Z300 NASモデル
*2標準価格にハードディスクは含まれません。
*3拡張ディスクユニット接続時の容量です。

商品化の背景と狙い

 米国調査会社のAllied Business Intelligence Inc.によると、2000年のワイヤレスLANの市場規模は490万ノードであるのに対し、2006年には5,590万ノードに急増すると予測されています。 ワイヤレスLANの普及に伴い、ネットワークから切れることなく自由に執務場所を移動するという利便性が注目されています。しかし、いままでのワイヤレスLAN環境では、不正アクセスに対して十全とは言えず、セキュリティの強化が求められています。
 当社は、こうした市場のニーズに対応し、いつでも、どこでも、シームレスかつ安全にワイヤレスLANを活用できるソリューションパッケージ「Seamless Office」を提供します。

 また、現代のオフィスにおいては、データの増大は著しく、またその重要度も増しています。最大限まで増設した、データの溢れたディスクの整理は容易ではありません。このような環境下では、導入が容易で、しかも様々なクライアントに直ちに対応できる、ストレージシステムが重要です。更に、お客様のデータをシステムの障害から守り、例えハードウェア障害が発生しても、システム全体の停止時間を可能な限り短縮することが求められています。
 このような、市場のニーズに対応し、設置が容易でしかも、可用性の高いストレージ・ソリューションとして「MAGNIA Z300 NASモデル」を提供します。

新製品の主な特長

<Seamless Office>

  1. 簡単なシステムのセットアップと多様なOS対応
    Windows標準機能と本製品に添付されるソフトウェアパッケージにより「Seamless Office」環境を容易に導入・構築を行うことができます。
    最新クライアントOSであるWindows(R)XPの他に、既存OS(Windows(R)98SE, Windows(R)Me)への対応も可能です。

  2. セキュリティ機能の強化

    IEEE802.1x準拠の機能を当社の「MAGNIA Z300 アクセスポイント・ソフトウェア」に搭載し、ユーザ認証、不正アクセス防止の強化を図っております。
    WEPキーとIPSec(3DES)の組み合わせにより強力な暗号化を実施します。
    802.11bでサポートされていないネットワークアクセスの認証システムと暗号キーの動的自動配布機能を提供。

  3. サブネットを越えたローミングを実現

    Mobile IP機能により、接続されるアクセスポイントやサブネットを意識する必要のないシームレスローミングを実現します。
    シームレスローミングによりパソコンをフロア内、部門外へ移動しても接続が途切れることのないネットワーク環境を実現します。

  4. システム運用管理

    本製品に添付される運用管理ソフトウェア「HarnessEye/web」を利用することによりネットワーク内に存在するサーバの状態監視、クライアントの接続状況監視を容易に実現できます。

<MAGNIA Z300 NASモデル>

  1. 簡単にネットワーク経由でディスク容量を追加できるNAS製品として、「MAGNIA Z300」の特徴を活かし、本格的サーバとしての以下の拡張性、信頼性機能を提供します。
    最小のIDE構成でのRAID、ホットスワップ機能による高いシステム可用性
    最大10個、736GBまでのディスク容量の提供
    バックアップデバイスの接続によるデータの保全性確保
    AFT、ALB機能によりNASに重要なLANの信頼性と高性能の提供
    標準搭載されたアウトオブバンドLAN機能による高度な信頼性と運用性

  2. 専用NAS OS(Windows(R) Powered Network Attached Storage)をあらかじめ組み込んでいるため、短時間のセットアップで利用が可能です。

  3. 標準添付の初期設定ツールを利用することにより、導入時のセットアップが容易に行えます。

  4. 標準搭載のスナップショット機能を利用することによりデータのコピーを数秒で作成できます。このコピーにより、削除や変更されたファイルを数秒で回復させることができます。また、データセーブやリストアに利用することにより、システム停止を最小限にすることができます。

  5. 複数のOSが混在するネットワーク環境でアクセスを可能にするマルチプロトコル(CIFS/NFS/NCP/FTP/HTTP)を標準サポートしています。これにより、Windows(R)、UnixTM、Linux、Netware(R)などのクライアント、サーバからNASのストレージエリアを共有できます。

  6. Webベースの管理ツールにより、リモートクライアントからユーザ管理、共有資源管理などのシステム管理が可能です。

お問い合わせ先

新製品に関するお客様からの
お問い合わせ先
PCサーバ事業部 TEL 03(3457)3019


  • Microsoft(R)、Windows(R) 、Windows(R) NTは、米国Microsoft(R) Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。
  • Netware(R)は、米国Novell.Inc.の登録商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright