東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
松下、東芝、イーピー、IRIが、epステーションなどのネット接続サポート会社「ホームインターゲート(株)」を設立

2002年1月28日

松下電器産業株式会社
株式会社東芝
イーピー株式会社
株式会社インターネット総合研究所

 松下電器産業株式会社、株式会社東芝、イーピー株式会社、株式会社インターネット総合研究所は、デジタル放送・ハードディスク・インターネットの3つのメディアを融合した新しいサービスとして今春開始予定の蓄積型双方向TVサービス「ep」(注1)でのデジタルテレビをはじめ今後家庭内に普及するネット家電機器とインターネットサービスプロバイダーとの接続のサポートを行う「ホームインターゲート株式会社」を2月1日に設立いたします。

 次世代のインターネットプロトコルIPv6により実現する "いつでもどこでも誰でもがネットワークに繋がる"ユビキタスネットワーク社会では、パソコンに加え、それ以外のTVや家電機器などネット家電機器によるインターネットへの接続が大幅に増加することが予想されております。

 TVをはじめとする家電機器のインターネット接続は、幅広い層の人々が対象になり、従来のパソコンと比べて更に簡単で安心できるネット接続が必要となり、これに対応する環境基盤づくりが求められております。

 新会社は、業界で初めてTVインターネットの簡単・安定接続を実現するため、以下のようなデジタルテレビと各ISPとの接続サポートを提供してまいります。

  1. epステーション(注2)によるISPへの簡単な接続、加入環境の提供
    (1)提携ISPへの加入手続きをリモコン操作で実現
    (2)ISP接続の簡単初期設定の実現
  2. epサービスの基本サービスであるeメール受発信の代行
    リモコン操作によるデジタルテレビでのeメールの実現
  3. epステーションへの安定的なインターネットの接続環境の提供
 また、今後は、家庭内に広がる各種のネット家電機器のネット接続サポートや各種サービスプラットフォームへのアグリゲーション、ネットを活用した機器の故障情報の収集、機器ソフトのバージョンアップなどの機器サポートサービスなどにも取組んでいく予定です。

 なお、接続提携するISPについては、Panasonic hi-hoをはじめとして、@nifty,BIGLOBE,OCN等代表的なISPとの相互接続を検討しており、順次接続先を拡大してまいります。

(注1)
「ep」:TVを家庭でのネットによる情報の入り口として位置付け、イーピー株式会社が提供する、デジタル放送(BS/CS110。)、ハードディスク、インターネットを融合させた新しい蓄積型プラットフォームサービス。

(注2)
「epステーション」:イーピー株式会社が会員向けに販売するハードディスク,モデム内蔵,BS/110。CS受信機

新会社概要

名 称ホームインターゲート株式会社
所在地東京都中央区2−13−10
資本金2.9億円 (2/1設立時)
株 主松下電器産業(株)(51%)、(株)東芝(29%)、イーピー(株)(10%) ,(株)インターネット総合研究所(10%)
社 長飯島 秀樹

ホームインターゲート社の位置付け


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright