東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
デジタルメモリーレコーダの新製品発売について

2002年2月21日

デジタルカメラユニットを装着して写真メモ撮影も可能

 当社は、デジタルメモリーレコーダの新製品として、胸ポケットにすっきりと収まるコンパクトなボディに、最長35時間20分の長時間録音機能を搭載した「VOICE BAR(ボイスバー)DMR−3500S」など4機種を商品化し、3月1日から順次発売します。

 新製品は、徹底した省電力設計により、単4形アルカリ乾電池2本で約30時間*1の連続録音が可能です。また、高音質の「エクストラHQ(XHQ)録音モード」では、AMラジオ放送並の自然な音質で録音することができます。さらに、早聞き・遅聞き再生をはじめ、再生時のインデックス打ち込み、タイマー録音、複数フォルダなどの多彩な機能を搭載するとともに、再生やサーチのボタンを大型化するなど操作性も向上させています。

 また、今回、ボイスバーに装着して、写真メモ撮影をすることができるデジタルカメラユニット「DMR−C1」(別売)についても合わせて発売します。
 ボイスバーで録音した音声や、デジタルカメラユニットで撮影した写真は、PCアプリケーションキット「DMR−KITS」(別売)を使ってパソコンとUSB接続することにより、パソコン上で再生、保存、編集をしたり、Eメールで転送することができます*2

 なお、「DMR−420S」にデジタルカメラユニットとPCアプリケーションキットをセットにしたオールインワンモデル「DMR−420SK」についても4月1日から発売します。

*1標準(SP)モードの場合、東芝アルカリ乾電池LR03使用。(室温25℃
*2DMR-KITSには Eメール機能は含まれておりません。

新製品の概要

新製品の主な特長

  1. 長時間録音が可能

    「DMR−3500S」では、最長35時間20分(標準「SP」録音モード)の録音ができます(電池交換要)。記録媒体にフラッシュメモリーを採用しているので、電源を切ったり、電池を交換しても録音内容を保持できます。また、A・B・Cの3つのフォルダにそれぞれ最大199件まで、合計597件の録音が可能です。さらに、メモリーの空き部分をデータストレージとして使用し、画像やテキストなどのデータを保管しておくこともできます。

  2. バッテリー切れの不安を解消

    回路設計の徹底した見直しにより消費電力を大幅に低減しています。標準(SP)モードなら単4形アルカリ乾電池2本で、約30時間の長時間録音が可能です。

  3. 小型・軽量のボディと質感の高いUV塗装

    業界トップクラスの小型・軽量ボディに、高級感のあるUV塗装を施しています。操作時に手で触る際に発生するノイズを軽減しています。

  4. エクストラHQ録音モード採用

    従来モデルの「SuperHQ(SHQ)録音モード」よりも、さらに高音質の録音が可能な「エクストラHQ(XHQ)録音モード」を採用しており、より高音質な録音/再生ができます。

  5. セラミックスピーカーを搭載・イヤホーンを付属

    セラミックスピーカーの採用により、一緒に携帯している磁気カード類に対する影響がありません。また、周囲の人の話し声や雑音の多いところでも気にせず、録音した内容を聞くことができる両耳タイプのイヤホーンを付属しています。

  6. 早聞き・遅聞き再生機能搭載

    早聞き(約1.2倍速)再生、遅聞き(約0.8倍速)再生機能を搭載していますので、目的に合わせて再生速度を変えて聞くことができます。

  7. マイク感度切換えスイッチ

    録音する際の目的に応じて、会議などの会話が取り込みやすいようにノイズ類を抑えて少し高めの感度設定とした「会議モード」と、至近距離の目的音を主に取り込みやすいよう低めの感度設定とした「口述モード」に切換えるスイッチを搭載しています。

  8. デジタルカメラユニット(別売)による写真撮影

    デジタルカメラユニット「SHOT ON BAR(ショットオンバー)DMR−C1」を、イヤホン/カメラ端子に差し込むだけで、手軽に写真メモの撮影ができます。

  9. PCアプリケーションキット(別売)によるパソコン取り込み

    PCアプリケーションキット「DMR−KITS」を使ってボイスバーとパソコンを専用USBケーブルで接続することで、録音内容をパソコン上で保存、編集することができます。
    なお、「DMR−KITS」は「Microsoft(R) Windows(R) XP 」にも対応しています。

  10. その他の機能

    インデックス(目印−録音中または再生中に記録可)機能
    重要マーク機能
    録音中の音声モニター機能
    ボイススタート録音機能
    リピート再生機能
    残量時間表示機能
    録音日付がわかるタイムスタンプ機能
    2回のアラーム設定ができるアラーム機能
    タイマー録音機能

新製品の主な仕様

*1録音・再生時間については東芝アルカリ乾電池LR03使用時。(室温25℃
*2再生時間については音量レベル10の位置の場合。

お問い合わせ先

新製品についてのお客様からの
お問い合わせ先
映像ネットワーク事業部
ビデオ部
TEL 03(3457)8552


  • Microsoft、Windowsは米国Microsoft Corporationの米国及び他の国における登録商標です。
  • Windowsの正式名称はMicrosoft Windows Operating Systemです。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright