東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
高速データ転送を実現した薄型DVD−ROM・CD−R/RW複合ドライブ等の発売について

2002年3月12日

薄型DVD−ROMドライブ 「SD−R2212」(左)、「SD−C2612」(右)

 当社は、厚さ12.7mmのノートPC搭載用DVD−ROM複合ドライブの新製品として、最大16倍速のCD−Rへの書き込み速度を実現した「SD−R2212」を商品化し、4月初旬から量産を開始します。
 また、DVD−ROM最大8倍速、CD−ROM最大24倍速再生のノートPC向け薄型DVD−ROMドライブ「SD−C2612」についても、あわせて4月初旬から量産開始します。

 新製品「SD−R2212」は、ノートPC向け薄型CD−R/RW、DVD−ROM複合ドライブで、CD−R最大16倍速、CD−RW最大10倍速の高速書き込みと、DVD−ROM最大8倍速、CD−ROM最大24倍速の高速再生を実現しています。さらに、バッファー・アンダーラン・エラー防止機能を搭載し、CD−R/RWへの書き込みエラーの発生を抑えています。

 新製品2機種は、プリント基板へのはんだ付けに鉛を含まないはんだ材料を使用するなど、環境に配慮した設計としています。また、DVD−ROMに加えて、DVD−RAM、DVD−R、DVD−RWの読み取り機能も搭載したDVD Multi Drive(Read-Only)仕様対応モデルです。
 さらに、小型部品の採用や設計の最適化を図ることによって、本体質量200gと軽量化を実現しています。

新製品の概要

新製品の概要

新製品の主な特長

  1. DVD−ROM再生8倍速(最大)、CD−ROM再生24倍速(最大)、CD−R記録16倍速(最大、「SD−R2212」のみ)、CD−RW記録10倍速(最大、「SD−R2212」のみ)と高速データ転送を実現しています。

  2. DVD Multi Drive(Read-Only)仕様に対応しているため、DVD−ROM、DVD−RAM、DVD−R、DVD−RWのディスクを読み取ることができます。

  3. プリント基板のはんだ付けに鉛フリーはんだを使用するなど、環境に配慮した設計を採用しています。

  4. バッファー・アンダーラン・エラー防止機能を搭載することによって、CD−R/RWへの書き込みエラーの発生を抑制しています。(「SD−R2212」)

  5. 小型部品の採用や設計の最適化を図ることで、本体質量を200gに軽量化しており、搭載製品の軽量化を実現することができます。

新製品の主な仕様

DVD−ROM複合ドライブ
新製品の主な仕様 <DVD−ROM複合ドライブ>

DVD−ROMドライブ
新製品の主な仕様 <DVD−ROMドライブ>

お問い合わせ先

新製品に関するお客様からの
お問い合わせ先
ストレージデバイス事業部 TEL 03(3457)2445


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright