東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
ワイヤレスオフィス環境を簡単に構築できる2wayコンパクトサーバの新製品発売について

2002年3月14日

IAサーバ「MAGNIA(マグニア)」のラインナップを強化

「MAGNIA Z310」

 当社は、IA(インテル・アーキテクチャ)サーバのラインナップ強化として、セキュリティ面を強化したワイヤレスLAN機能を搭載でき、インテル社の最新CPU「Pentium(R)III-S(1.40GHz)」を最大2つ搭載可能(2way)なコンパクトサーバ「MAGNIA Z310」を商品化し、本日から営業活動を開始します。

 「MAGNIA Z310」は、ワイヤレスLANカードを装着するだけでアクセスポイント機能を実現できます。ワイヤレスLAN対応のPCと組み合わせると簡単にワイヤレスLAN環境を構築することができるので、LANが敷設されていない施設(小規模オフィスや会議室、空港などの公共のスペース)においても、インターネットなどへのアクセス可能なシステムやサービスを提供できます。

 セキュリティ面では、128ビットWEP対応によりワイヤレスLAN区間の暗号化強度を高めるとともに、IEEE802.1xに準拠したアクセスポイント機能により未登録者の無断使用を防止でき、一層安全なワイヤレスLAN環境の提供を可能にします。
 さらにモバイルIP機能、暗号化機能を備える当社ソフトウェア「WirelessServMobileGate」と組み合わせて、新製品を既存のイントラネットに導入することにより、ワイヤレスLAN区間だけでなくイントラネット全般にわたるセキュリティを確保するとともに、イントラネット内のどこへ移動しても自分のオフィスネットワークにそのままアクセスできるワイヤレスオフィス環境を構築できます。

 また新製品は、幅233X奥行396.5X高さ99mmとコンパクトな筐体に、インテル社の最新CPU「Pentium(R)III-S(1.40GHz)」を最大2つ搭載できることに加え、IDE−RAIDコントローラ、ホットプラグ対応のディスク装置、LANインタフェース2基を標準搭載するなど、IAサーバとして充分な高性能・高信頼性を実現しています。

 運用面では、Webベースで運用状況を見守るサーバ監視ソフト「HarnessEye/web」を標準搭載し、遠隔地の管理者端末から複数のMAGNIAサーバの障害情報やパフォーマンスをブラウザ上で監視可能とするなど、システム管理者の負担を軽減することが可能です。

Wired Equivalent Privacyの略。電波上でのデータ暗号化機能。

新製品の概要

新製品の概要
全タイプでプレインストールモデル(「WindowsNT(R)Server4.0(10CAL付)」、「Windows(R)2000Server(5CAL付)」のいずれか)またはOS無しモデルの選択が可能です。

商品化の背景と狙い

 2001年度の国内IAサーバ市場は、景気低迷の影響はあるものの台数ベースでは対前年度比約20%の成長が見込まれており、今後とも様々な分野や用途に浸透することが期待されています。
 一方、ノートPCへの標準搭載や公共の場におけるホットスポットサービスの開始などで無線LANが急速に普及し、これまでさまざまな理由でLANが敷設されていなかった施設や場所にも、低コストで柔軟なインターネット/イントラネット環境が広がりつつあります。
 当社はそのような動向に着目して、昨年5月にコンパクト筐体ながらワイヤレスLAN機能を搭載したコンパクトサーバ「MAGNIA Z300」を商品化しました。
 今回、さらにワイヤレスLAN機能のセキュリティを強化したうえ、インテル社の最新CPUを採用した「MAGNIA Z310」を商品化します。これにより、ワイヤレスLAN環境でのユーザニーズに応え、MAGNIAシリーズの一層の拡販を図ります。

新製品の主な特長

  1. オプションのワイヤレスLANカードを装着することでアクセスポイント機能を含めたワイヤレス環境の提供が可能であり、今回128ビットWEPに対応することとIEEE802.1xに準拠したアクセスポイント機能により高いセキュリティを提供します。

  2. インテル社の最新CPU「Pentium(R)III-S(1.40GHz)」を最大2つまで搭載可能で、高速なデータ処理が可能です。

  3. 筐体サイズが幅233X奥行396.5X高さ99mmと世界最小クラスの2wayコンパクトサーバです。マイクロタワータイプとラックタイプの2タイプを用意しています。
    本体のみで、2CPUを最大2基搭載、IDE−RAIDコントローラ、ホットプラグ対応ディスク、LANインタフェース2基など、サーバに求められる高性能、高信頼性機能を標準装備しています。

  4. 遠隔地の管理者端末からWebベースで複数のサーバの障害監視やパフォーマンス監視をすることのできるサーバ監視ソフト「HarnessEye/web」を標準装備しています。情報はEメールでも送信可能で、携帯電話などでも通知を受けることができます。また、ハードディスク障害予知などができ、十分なシステムの可用性を備えています。

  5. 「Windows NT(R) Server 4.0」「Windows (R)2000Server」といったOSのインストールや初期設定を簡単に行うことができる「SetupInstructor」を標準で装備し、スムーズなセットアップが可能です。

お問い合わせ先

新製品に関するお客様からの
お問い合わせ先
e−ソリューション社
コンピュータ・ネットワーク
プラットフォーム事業部
TEL 03(3457)2725

「MAGNIAシリーズ」ホームページ:URL http://www.magnia.toshiba.co.jp/


  • Pentiumは米国Intel Corporationの登録商標です。
  • Microsoft、Windows 、Windows NTは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright